気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

りんくうの果てでのwayloss feat.イオン常滑 紺+紫+黄+赤

また降り立ったことの無い駅に降り立ちました。セントレアのひとつ手前の駅。イオンのための駅ですね。駅からリリイベ会場までが遠い笑 コストコと明太パークの方が駅より近い。ただ、ステージをみる現場ではすごく秀逸なのでは。段差もあるし始まるまで座って待ってられるし。吹き矢をひと言の間に仕込む小粋なセンスのあるスタッフさんのおかげで待ち時間もめちゃくちゃ楽しかったですし。2回とも隣の人に恵まれお友達とははぐれてしまったけれどまったり会話しながら待てたのも良かったです。

 

オタクは少し前のリリイベで炎天下をお兄さんたちが歌っていたのがとっても羨ましくて。

あんなに去年、もうしばらくいいやとか言ってたのにこのていたらく。季節が近付くと聴きたくなる曲ってありますよね。青い鳥には鍵をかけているんですが、ひっそりフォロワーにいるんでしょうか。1曲目炎天下でしたけどォォォ、炎天下は緑紺でゲキマブホライズンっていうオタク融解最強パートあるんですけどォォォ…融けましたよゾンビ。からの~~~進化理論→フィルム→ここはいいです、やる予想はついてましたから、BFFは赤色くんでした。からのラストイントロ…まさかの、まさかのレディバイですよ~~~。桃色君の代わりに赤コールできる~~。しかもですよ、この日紺色さんが履いていたのは密かにドーピングシューズと呼んでる、ダンス専用靴。和学の引退と共に勇退されたかと思ってたのに、しんど…スニーカーもいいけれど、この靴だとやっぱり違うんですよね、細やかなところ。

 

2部は何の曲だ?と立ち位置で分からなくて、イントロ聴いてびっくりの夢・音頭からの帆上げ。帆上げはとってもとっても大好きです。赤色君いたからパカンもできたし。フィルムのBFFは紫さん、からのBMCA~~~前との間がすごく空いてるので、思いっきりペンラ振れたのも嬉しかった。歌詞が飛んじゃったりいろいろgdgdしてましたが、リリイベならでは。紫さんとハイタッチできたのも嬉しかったです。

 

行く前は紺色さんだけって言ってたのに。修羅現場しか東海は残ってないので、今日逆に後悔するならいっそ大航海しといた方がいいんじゃない?って軽率。オタクあるあるですね。

 

 

【1部】

紫さん

「おっ、ありがとうな」

ふふ、つっちこの間楽しかったから軽率にきたよ。これ(ブレスレット見せる)まこちゃんで作ったの、どうかなぁ?

「えっ、待って(手持ち上げてまじまじと見る)これ作ったの?はぁ、毎回思うけど器用やな(紺色の石摘んでる)紺色と黄色と、俺?(石をそれぞれ指差す)」

そう、つっちとこの間楽しかったから、石をね、おっきいのにした笑

「あっ、ほんとやん。えっ…めっちゃすごいやん(自分の色の石をつんつんしてる)」

つっちごめん、あのね、めちゃくちゃ嬉しい…嬉しいから、ごめんだけど、もうちょっと褒めて?

「(笑) 緑と~、あれ?桃ちゃんは?」

あっ(石が裏返ってたので直す)ここ、これ

「おっ、これさ、ライブでつけてペンライト振ったらめっちゃキレイやん。それ着けて来てよ?」

(優しいなぁ)ふふ、うん。着けていくね。ありがとう。

「おー、待っとるわ。じゃあ、またな(両手上にだして思い切りパンっとハイタッチ)」

 

紺色さん1回目

あの

「ん?」

演技が上手いと、芝居が上手い、どっちで褒められると紺色さんは嬉しい?

「演技…と、芝居?んー??…え、どういうこと?」

(あっ、そういう違いって認識せず使ってるのか、な?)紺色さん、芝居って良く言うから。使い分けっていうか、拘りがあるのかなぁって。

「んー、演技…と芝居、んんー、それはさぁどういうことで(言いたいの?みたいに見る)?んー、上手く言えない、ん」

あっ、あーごめん;;(分からず使ってるのかな。今度手紙で書いてみよ、読むかしらんけど)

「ん(苦笑したあとぽむぽむハイタッチ)」

 

2回目

紺色さん、最近ベルト…どうしたの?

「えー、ベルト?ちゃんとしてるよ(何で?みたいに首傾げる)」

えっ、あー、最近赤いから。白だったのに…何でかなって(実はドカンで分かりにくいけどげそっと痩せたのか?)ほら、今も赤いし(赤いのがみえた)

「え~??あ(腰あたりみる)ああ~~~、これか、これ。ふふ。これは、ベルトじゃなくて、これ(ドカンを指差したあと、Tシャツをぺろっとめくって自分で確認する)これさぁ、ほんとはここ(おへそのちょっと上を指差す)まであるんだけど、暑くて蒸れるからさぁ、こう折り返してるの、それがこれ(でみえてるんじゃない?みたいに笑う)」

あっ、あー。なるほど。そうなんだ~~(見えたベルトは白だった)

「ん」

これね、まこちゃんで作ったの。

「へぇぇ、ん~~?3色(しかない?みたいに首傾げる)」

あっ、こっちも<はがし

「(首傾けて反対側もみようとしてくれてるけど、時間切れに気付く)ああ~~(残念、みたいに笑う)」

あっ、あ~~、また、見せにきます~~(ぽむぽむハイタッチ)

 

【2部】

赤色くん

「おー、ありがとう(ぎゅぎゅっと握手)」

かめざわ投手の(あっ、選手っていうつもりがテンパった~~馬鹿)

「んーー、かめざわ選手、な(にこにこ)」

あっあっ、そうです。赤色くんが好きだなって思うところを聞きたくて

「んー、そんな好きって言ってもなぁ(ぎゅーっと握手する)明るいところじゃない?んー(ぎゅっっと握手)」

あっ、私も。そこが1番好きで…2年位ずっと推してて。

「そうなの?俺と同じじゃん(ふんわり笑いつつ、ぎゅぎゅぎゅって握り返してくれる)」

だから、赤色くんが青い鳥でフォローしてるのみて、勝手にだけど嬉しくって。教えてくれてありがとう。

「(ぎゅぎゅぎゅっと握手)そっか、んーいいよなぁ(お手ふり)」

(あっ、そっか赤色くんはぽむぽむハイタッチしないわ)ありがとう(お手ふり)

 

黄色くん

「おーっ、いらっしゃい(両手前に出して待っててくれる)」

はい~~、黄色くんに見て欲しくて。タンポポを作ってみました(と指輪をネックレスにつけてたのをみせる)」

「えーっ、ちょっとまって?これ~~~?えーっ、すごくなーい(首元に目線近付けてくれる)」

わぁ、ありがとう

「これはさぁー?何?何でできてるの?」

これ、布なんですよ

「布~~~?」

布をね、黄色君が髪の毛セットするみたいにコテでね立てて作るの~~(口調がうつるオタク)

「はぁ~(自分の前髪をちょんちょんさわりつつ納得するように頷く)ええ、すごーい。めっちゃエクセレントじゃーん」

ありがとう

タンポポ~~!うんっ、ありがとう~~~、ばいばいっ(お手ふり)」

 

紺色さん1回目

あの、今の紺色さん…とっても強そうだけど

「ふふ、えっ?そう?」

ん。遊戯王のカードの星でいうとどれくらい強い?

「えっっ(笑う)星?」

そう、星何個~~?

「あのさぁ、星でっていうけどさぁ、遊戯王は星が強さじゃ無いからさぁ」

そうなの(そうなんだ)?

「ん(ドヤっと笑う)、星っていうよりも、カード?ん、カードの強さが大事だから、ね~~~うん」

そ、そっかぁ。なるほど~~~、ありがとう

「ふふ、カード自体の強さが、ん、大事(ドヤっと笑ったあと、ぽむぽむハイタッチ)」

 

紺色さん2回目

あの

「ん?」

紺色さんは自分を遊戯王のカードで

「(苦笑しながら)ん」

いうと、何属性だと思いますか?(闇だろうなぁ)

「えー、俺??んーーー、どうしよっかなぁ~~~(聞きたそうにみる)」

何~~~(答えて欲しいから言わないで聞く)?

「ん~~(伝わったようで笑う)俺は神!だね。神属性」

え~~~、紺色さん神様にまだ成れてないけど神属性なの(意地悪を言ってみる)?

「ふふっ、なりたいからね、ん。神(ドヤっと笑う)」

神かぁ~~~、神々しい~~(実際日光に御髪が当たって眩しい)、ふふ。

「ん(ドヤっと笑う)またね(ぽむぽむハイタッチ)」

 

なんでこんなに遊戯王で当てはめたかったかというと、GWにこの動画をみたからです

 

お友達がおこめくんのチェキ現場でこの話をしたら星二個くらいって謙遜されてたからどうかなぁって思ったけど、知識浅いオタクが行くとマジレスに撃たれるね笑 オタクが組めるのはおとめちゃんデッキかなぁ、BMKと祭君足しても最低枚数に行かない

 

紺色さん3回目

これ、作ったんですけども(作ったアクセをみせる)

「ん?(これ?みたいに指差したあと屈んでみてくれる)」

紺色さんなら、何紺色くれますか?

「えっ(笑う)単位紺色なの?」

ん~~(点数だとダメージがでかいしな)うん、紺色がいい、です。

「え~~~(笑いつつ)、つけたいんだけどさぁ。1紺色がどれくらい嬉しいかわかんないからなぁ~~~」

えっっ(ちょっと待ってそんなさぁオタクに気を遣わなくていいんだよ優しみ)あ、あの。

オタクは1紺色でも、あの、嬉しいよ

「ん~~?(笑いつつ)ん、どれくらいかなぁ。分かったら言う、うん。ん~~~(笑う)、ね?」

ふふ、分かりました(ずるいなぁ、しんどい)

「ふふっ、また(ぽむぽむハイタッチ)」

 

紺色さん4回目

神属性の紺色さんに

「(笑う)ん」

お願いがありまして…オタクに来週のラッキーアイテムを下さい(強欲)

「え~~~来週限定なの?」

ん、ハワイ行っちゃいますし(紺色さんが)お願いします(ぺこり)

「ん~~~(じーっと上下にオタクを見る)なんっだろう、なぁ~~~」

「ふふ、プラスチックの~~~」

(またプラスチックか~~~笑)ふふ、はい

「ん、プラスチックの磁石、どう?」

えっ、ふふふ、嬉しいアンドメン

「えっっ(笑う)そっか、ん、またね(ぽむぽむハイタッチ)」

 

one way全然お披露目なくてロス