気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

バーゲン参加じゃないからと布教活動した feat.マイドームおおさか 紺+赤+緑

行ってきました大阪。ガンガンズダンダン!!

道に常に迷うオタクなのですが、大阪の方は優しい。道を聞くハードルが低い。

垣根があんまりないです、優しい。タイトルは、2人連れのマダムに聞いたときに、おねーさんもバーゲンか、私らも今から行くみたいなことを言われたのでした。マジかーと思いつつ、いや、ナゴヤドーム公演が先日名古屋の街おこしお兄さんのイベントに行くんですって言ったら、興味を持っていただいたので薄いベスト盤を差し上げました。もらってくれてマジで感謝。

2部から行ったので、行く前に大阪のおみやげをいっぱい買いました。大阪は京都のも神戸のも買えるし、美味しそうできらきらしてて、つい買いすぎちゃいます。

 

寒いからかカメラの調子があまり良くなくて、申し訳ないの極みだったことを懺悔。

長いこと使ってるけれど、愛機だし手放せない。

 

2部紺色さん

(スタッフさんがカメラに不慣れで撮れない)

あの、(ちらりと横見る)何度も…ごめんなさい。

「ん、大丈夫」【撮る】

あ(見上げるけどめちゃくちゃご尊顔が良くて震えるオタク)法被なので…

「ん?」

はっぴっぴーなひと言が欲しいです(いつもこれ言える薔薇の若君ってすごい)

「えっ(ブハッて笑う)何?はっぴっぴーって、何?(口元に手持ってって笑う)」

えっ(そこかー)あっ、なん、だろう。幸せになれるような?うん。

ほら、法被だし。

「え~~~~っ、はっぴっぴ…」

(うわ、さっきもだけどはっぴっぴって26歳が、超絶イケメン大和男子のお口から)ん~

「ん~~~↑(ちょっと声音上げる)、ん。パッピッピ~~~↑↑、ふふっ、どう?(ドヤっと笑う)」

え~~~、もう、最高。ふふ、ありがとう。オタクはっぴっぴーです。

「ふふふ、ん」(次の方が来てたので手ひらひら)

 

※確認したら撮れてなくて戻るオタク

「(スタッフさんと確認してくれる紺色さん)あ。ほんとだ撮れてない。二枚ともだね」

(中々撮れなくて、次の人とかの視線とザワザワに申し訳なさみを感じるオタク)

す、すみません。

「(頷いたあと、後ろの人に対して)あー、俺が撮ってるんなら仕方ないけど、そうじゃないからさ。もうちょっと待ってて」

(フォロー入れてくれてる、優しみ)【撮れる】

「ん、今度は2枚とも大丈夫だね」

はい、長々と。お待たせしてすみません、あの。ありがとうございました。

「ん」

 

3部 紺色さん

「どうする?(ハートとピースの手、うにょうにょ変える)」

(やっぱり羽根隠れるの嫌だなぁ)ハートで

「はい、ハート」【撮る】

「次は?ピース?(うにょうにょする)」

もう1回、このままで

「ん」【撮る】

私、その学ラン、すごく好きなMSに似てて、好きなんです

「えっ、そうなんだ(握手に力が入る)ガンダム

そう、あの、うぃんぐz、あっ、噛んじゃった

「ふふ、噛んだよね~~」

ウィングガンダムゼロカスタム(よし言えた)羽根がこんな感じで。

はぁー、好きです。

「ふっふ、そんなに?(口元に手持ってく)」

あと、その学ラン、袖まくらないけど、裏地が無いの(と聞きつつ見ると何となく山吹色がみえる)?

「あっ、これはねー、捲らないんじゃなくて捲れないの(ドヤッ)」

みてもいい?

「(左をチラッとみて)こっちは…ない?んー、ないか。で、右はこれ!飾りがついてるから(指差す)捲りたくても捲れないね(スパンコールをちょんちょんする)」

(無いって裏地じゃなくて、外側の飾りのことね)ほんとだ、なるほどー。ありがとう。

「うん(ぽむぽむハイタッチ)」

 

4部 赤色くん

(スタッフさんにピンでピースとハートお願いするものの、中々撮れない)

ス「撮れてます?」

あ、ごめんなさい。シャッター、ここをこんな感じでギュッと教えて下さい

「(ん、撮れないの?みたいにじっとみる赤色くん)」

あ、あの、何度もごめんなさい

「(俺?みたいに目を見開いたあと、大丈夫って口パクで言ってくれたあとにこっと笑うスーパーアイドル赤色くん)」【撮れる】

中々撮れずで、ごめんなさい

「大丈夫、気にしなくていいよ(ぎゅぎゅっと握手してくれる)」

あの、私この衣装の肩の紐のところがすごく好きで、見てもいいですか?

「えっ、何で紐?」

踊ってる時フォンってなって格好いいから…

「(握手したあとオタクに紐が見えやすいように腕の位置変えてくれる)」

明日ユニバ行くんですけど

「おっ、いいじゃん」

初心者に赤色くんのおすすめのポイント教えてくれますか?

「んー、バックドロップかな」

緑ぴっぴとロケで行ったの?<はがし

「緑ぴっぴ、んー、ロケ、ロケで、ん、いった、なー。緑ぴーちゃんな」

ふふ、教えてくれてありがとう

「(ひらひらお手ふりしてくれる)」

 

※オタクは常に緑くんをゆとりん坊と呼んでるので、出さないようにというのと緊張のあまり緑ぴっぴって呼んじゃった笑

 

4部 緑くん

ス「あれ、これシャッターどこ?どこだ?」

(さっき説明したのに~~~。)あ、ここです、これです。【撮れない】

「ん~~~?大丈夫ぅ?」

あ、何度もすみません。あの、ココ、ギュッと押して(と足元を試し撮り一緒にする)下さい

ス「あっ、なるほど。わかった。理解したわ~~行ける!」

「ひゃっひゃ(彼独特の引き笑い)理解したって」

あのぅ、何度もごめんなさい

「全然~~。いい~~よ。ピースね~~」

ス「あれ、全身?んん(多分長身過ぎて入らない)」

「あ~~(理解したみたく2歩下がってくれる)これで入る?」【撮れる】

ス「よっしゃ撮れた」

「あのさ~~あ、これ、シャッター触っていい(屈まれるというより、キリンが草を食べるみたいに背骨からぐーっとさがってくる感じ)んぅ?どれ?(ちょんちょん触る)」

あっ、この丸い点々が三つあるところ?です。

「(ふにふに押しつつ目細める)えっ、すげー。何。これで撮れんの。すごいわ、これ」<はがし

えっ、あっ、ありがとう。待たせてごめんね。学ラン最高オブ最強でした。

「ありがとぉ。もっかい押していい?」

はい、どうぞ

「(ふにふに)またね(にこぉっと笑う)」

 

※スタッフさんの会話が面白すぎた

 

5部 紺色さん

「どうしよっか(うにょうにょする)」

ピースでお願いします【撮る】

「ん?(うにょうにょする)」

もっかい同じで

「ん(にこにこ)」【撮る】

あの

「ん(苦笑)」

東京の私服、あっ、今日のも素敵ですけど、この間の東京の私服、すごく好きで

「ふふっ」

あれって、ディートハルトさん、意識してます?

「ディー?ディートハルト、あっ、ギアスか。」

(頷く)

「えっ、何で?」

えっ、色味とかシルエット?とか…てっきり雰囲気似てるから、そうかなって。

「えっっ、初めて言われたし(口元に手持ってく)ざんっねんながらねー、全然してなかったんだけど、そう?」

絶対そうだと

「んー、残念」

カオスの権化って褒めたかった~~

「ああーっ、コードギアス

コードギアス

「またね(ぽむぽむハイタッチ)」