気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

デュエルスタンバイしたい feat.サンシャインサカエ チケット手売り 紺

久々に1日現場でした。朝早いしお城行こっかなってくじけてたけれど、くじけなくてよかった。って位今年一番の神現場でした。めちゃくちゃ走ったけど、そして忘れてた。今池は遠くてもエスカレーターのとこまで歩かないと階段地獄なこと。サンシャも久々でした。ここではためいていたのぼりの写真を取ったのが沼の入口だったことを思い出します。

朝、取り敢えず財布とスマホさえあれば何とかなるとか思って出てきて、話すことリストのメモ帳忘れてきたオタクでしたが、そっと手売りに行ってきました。ご一緒した皆さんは、お話が上手なのもあるけれどテンポが早い。流石だァと思いつつ、オタクはのんびりゆっくりが限界です。

もうちょっと調べてお話したら良かったかなぁとも思ったのでした。とりとめなく。

 

お願いします~(両手で渡す)

「(にこにこ)はい、ありがとう(両手で渡してくれる)」

あの

「うん」

遊戯王、ボイメンワールドでやりたいなって仰られたじゃないですか。

「ふふっ、言ったね~」

ちょっと聞いてみたいなって思ってたんですけど

「ん」

遊戯くんとか、海馬社長とかって、これってカードがあるじゃないですか

「(ざわざわしてるので屈んでくれる)カード?」

あのー、シルバーなんとかドラゴンみたいな

「ああー、海馬社長の。青眼の白龍ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)」

(正式名称がすらっとでるよねぇ)そう、それ!それみたいな紺色さんといえばこれ!みたいなカードってあったりするの?

「ふふっ。でもさー、海馬社長はそれだけじゃないじゃん」

そうなの?(漫画ちらっとくらいしか読んでないしなぁ)

青眼の白龍ブルーアイズ・ホワイト・ドラゴン)の他にも、青眼の究極竜(ブルーアイズ・アルティメットドラゴン)とか、白竜の聖騎士(ナイト・オブ・ホワイトドラゴン)とか、ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴンとかいっぱいあるよ」

そんなにあるんだ。何だろう、なんていえばいいかなぁ。

「んー?」

絶対このカードだけはデッキ?に入ってる??みたいなカードとかあるのかなぁって。

「(?ってオタクが語尾があがるところで、読み取ろうとうんうん頷いてくれる)ああー、そういうことか。えー、なんっっだろうなぁ~、出てくるキャラクター、登場人物と同じになっちゃうんだけど」

同じでもいいから、聞いてみたいなぁ。

「でも俺のオリジナルって訳じゃないし」

ん、でも。紺色さんなりに何かあるんだったら、教えて欲しいなって。(中々饒舌に話してくれることもないから聞いてみたいなぁと押してみる)

「ふふ(ここからめちゃくちゃ早口で話してくれたので、覚えきれず情報は曖昧なのとニュアンス)Dragoon D-ENDってカードなんだけど、遊戯王GXで出てきてエドってキャラクターが使ってて。アニメの中でバトルされてるけど、そのデッキで実際に戦えるかどうかっていろいろやってみたりするんだけどね~~」

(やばい、取り敢えず検索できそうな言葉は断片的に覚えたけど早い)ちょっと分からないとこもあったけど、そうやってこだわってやってるなら、やっぱり1人でも…遊戯王、やって欲しいです。

「えっ?カードしてるだけでも?」

ふふ、はい。好きなことしてるところが見れたらいいなって。

「(ふにゃっと笑ってくれたあと握手ぎゅーっとしてくれる)ありがとう」<はがし

待ってます、ドームまで頑張って下さい。

「ん、またね(にこにこ)」

 

覚えてなきゃ、やばい消える前に覚えておかなきゃと。とりあえずスマホに忘れそうな断片的な単語を打って残したけれど、やっぱりな~~もうちょっと知識つけて行くべきだった。でも、好きなことに饒舌で、早口になる紺色さんがみれてとても嬉しかったです。