気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

旅人になる feat.セントレア 緑+紺

セントレア程よくまったりして、つばきでファクトリーな界隈の方々も手ケチャなどで参加されて雄々しい煽りと共にペンラ振れてめちゃくちゃ楽しかった。黄色くんがオタクたちがペンラぐるぐるするところで中途半端にやるなら本気でやらんかい‼みたいに言ったあと、つばきな界隈のお兄さんたちみたく手ケチャやってたのが最高だったし、オタクたち本気でやったらマジ合格っみたいにきらきら笑ってたの最高だった。炎天下で夏‼とか奪取‼とかの掛け合いもオタクたちにマイク向けてくれてめちゃくちゃ楽しかった。

 

1回目両隣りのオタクがメンズでめちゃくちゃ声出してたからオタクもわーいって遠慮なく出した。BMCAからのむちゅーまんとか最高じゃないですか、しかもゆとりん坊が水水パートだったので牛になって紺色さんがエアひらひらしてるとこにくるの最高じゃないですか、あと、白目で走り出す~のとこでガチ白目見れたの最高でした。どイケが白目るの最高だ、からの炎天下でラストどぎまぎですよ。

2部は進化理論のゆとりん坊の響かせろ君だけの~のあそこがドセンでみれて浮気してました、しんどい。ぼいじゃの間奏の紺色さんが刻んでる足元みれて最高に嬉しかった。

元スケオタだから顔よりも足元みちゃう。

結構皆省略してるけど、紺色さんめちゃくちゃちゃんと刻むんですよね(できなくて省略になってたところは稀にあるけど)

そして帆あげ。爆沸きホライズン案件ですよ。

 

 

紺色さん1部

 

1回目

 

あの

「うん??」

お花を作ろうと思うんだけど摘むのと染めるのとどっちがいいと思いますか??

「えっ、待って。想像つかない、ん??」

あっ、お花を

「えっ、鼻(と自分の鼻を指さす)でしょう??」

(あっ、イントネーションが私(名古屋)と違うんだ)あの、違くて。も1個の方

「あっっ、そっか、花(イントネーションが違う)」

そうそう

「で、なんだっけ。染めると??」<はがし

あっ、つまむ~もう1回きますっ

 

2回目

「ありがとう」

あの、花を摘もうか染めようかで作ろうと思うんです

「ん、思ったんだけどさあ」

??

「染めるは何となくわかるんだけどさぁ、摘むのさぁ、完成系が想像つかないんだよね」

あっ、なるほど。

「だからどっちがいいとか言えないんだけど見たいのは摘む方(にこにこ)」

 ふふ、じゃあそうします。

「いいの??」

それで、あの<はがし

「あっ(また途中~みたいに笑う)あー」

またきます~

 

3回目

あの

「うん、何でしょう、ふふっ」

平成最後の夏なので、あのですね。

お願いがありまして

「えっ、なに??(にこにこ)」

あの、オタク、紺色さんに褒めて欲しいなぁと。

「えっ(笑う)あー、ん、待っって(握手の手はずして、顎に手を持ってく)」

あっ、あの。ないのは分かってるので、その。考えてくれただけでも、ふふ。

「いや、ん。あっ(ぎゅぎゅっと握る)あるよ。」

えっ??

「ちょこちょこ何か作ってくることと、ちゃんとちょくちょくイベントに出席してくること(にこにこ)」

ふぁー、あ、あの、待っって、しんどい。

「ふふっ、聞いたのに??」

いや、あ、あの。

「うん」

ありがとうございます

 

2部

緑さん

 

「ありがとうっ」

あ、あの。紺色さんと歌う激マブホライズンがとっても好きで

「おっ、ありがとうございますっ」

あの、なのでお2人でユニット組むなら何て名前にしますか??

「ん~、そんなに好きなら好きな名前(屈んでにこっとする)つけていいよ??」

えっ、いいんですか??あっ、じゃあ、柏餅で

「(ひゃっひゃっと独特の笑い)えっっ、何で、柏餅??(笑う)」

あのう、緑の葉っぱと、白いお餅で。

「あっっ、なるほどね、いいよ(笑う)」

 

紺色さん

 

1回目

 

あの

「うん」

自分の呑んだグラスを銃で撃てるバーに行こうと思ってて

「えっ、それはエアガンで??」

あっ、いいえ。ちゃんとした銃です

「銃弾の」

ふふ、そうですよ~

「海外で??(ぎゅむぎゅむ握られる)」

いいえ、国内で、ふふふ

「どこ??(ぎゅむぎゅむ握られる)」

名古屋です~

「えっ、名古屋なの(ぎゅむぎゅむ握られる)」

はい、名古屋です

「名古屋かああ~(ぎゅーっと握る)」

(楽しそう)はい

 

2回目

あのう

「うん」

紺色さんはめんごろ君何歳だと思って演じてるの??

「えっ、麺五郎はね~、しょうしゃん、あっ(苦笑する)」

ふふっ(噛んだ可愛い)えっ??

「小三(ドヤッという)かな~っと思いながら演じてる」

なるほど、そうなんですね。あっ、じゃあ年下と年上の役、どっちが難しい??

「ん~、あんまり(声裏返る)変わんないかなぁ、意識してない」

あっっ、そうなんだ。年じゃない

「うん(にこにこ)」

そっかあ、ありがとう

「うん、またね(ぽむっとハイタッチ)」

 

3回目

あっ、あのう

「うん??」

何か、何でも良いんですけど、紺色さんのハマってること。ひとつ教えてくれますか??

「えっ、例えば??」

何でも良いんですけども。マンガとかドラマとか…

「なんでもいいんだよね、ん、じゃあ…」

(何が来るんだろうなぁ)はい

「チョコミントの~」

えっ、うん(まぁいいんだけどさぁ)

「チョコミントがお餅にくるまれてるやつ??」

(えー、単語が一つ一つ可愛んですけどオオォォォ-)

ふふっ、覚えました、ありがとう

「うん、またね(ポムっとハイタッチ)」

 

 

水泳大会頑張ってねとか全く言うつもりなくてワロタ、完全に忘れてました。

今回は~してほしいというお願い、前回からの持ち越しと普段しないことをしましたが、何だろう、紺色さん最近ほんとふわふわにこにこしててオタクの身が持たないの極み。あと噛んだのは被弾してマジで融解するかと思いましたの。