気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

柏餅ってどうかな feat.豊橋でバスケ

愛知県って意外と大きくて。私は尾張三河の境のあたりにひっそり生えてるキノコなので、豊橋まで行くのは結構小旅行感たっぷりです。車窓からの景色がほんとにがらりと変わるのですよ。豊橋って名古屋とはまた違う感じでお土産とか名物があるのでオタク達来て欲しいなと思ったりします。特に黄緑さん推し。ゆたかおこしって銘菓があるのですよ。水泳大会で久々に会えるフォロワーさんにお土産で買いました。

 

びっくりしたのは豊橋でのイベントなのに守山(名古屋の果て)のよく分からないCD屋さんでの受取か配送料800円。オタク怒ってもいいんじゃないかなぁ。買うの辞めたオタクも居そう。もしぼっち参加だったら特典会行かなかった気がするもの。

 

紺色さんは特典会中にこにこして楽しそうでした。オタクは常々連番をしない民ですが、今回は一緒に観戦するお友達と連番。優しいお友達なのでオタクに気を遣ってくれたと思うけども楽しそうに笑ってたよっていってくれて…もう嬉しさホライズン。

 

接触の10秒って短いけど、推しとの会話を覚えて、尚且つ推しの顔の表情を記憶して、尚且つ自分も推しから投げられたボールを例えデッドボールでも投げ返してミットにボールを上手いことインしたいじゃないですか。

皆出来てるなぁって眺めてて思うけど、私は自信がないです、届けたいけど。

話すスキルも人それぞれだから比べたら病むだろうけど、もっともっと引き出したいって貪欲さは留まるところを知らない。難しい。

 

1回目

あの

「うん」

炎天下奪取で紺色さんがゆとりん坊くんと歌うゲキマブホライズンがすっっごく好きなんです

「えっ、あそこ??ふふ、そうなんだ」

ゲキマブで…

「ん(にこにこ)」

もし、ゆとりん坊くんとユニット組むなら何て名前にしますか??

「えっっ、ん、よしはらとでしょ、んーなんっだろうなぁぁ」

ん、あの、柏餅とか。どうですか??

「えっ、ふふ。柏餅??なんで(ぎゅぎゅっとと握手)」

葉っぱが緑でお餅が白なので、ふふ。

「あっっ、なるほどね。ん(にこにこしながらぽむっとハイタッチ)」

 

2回目

あの、Twitter

「うん」

赤色くんってコロコロコミックっぽいって言われてて(元ツイ見つけれずでしたがボンボンかも)

「えっ、つーじー??ふふっ、そうなの??」

はい。あの、紺色さんは自分を漫画に例えると何だと思います??

「んー(ぎゅっとする)俺かぁ。何かなぁ」

私の知ってる漫画だとこれってしっくり来るのが無くて

「作品??それとも雑誌??んー」

あっ、どっちでも…直感で

「んー…あっ、うん(にこにこ)Vジャンプ*1

(うわー捻ってきたぁ、好き) ふふ、なるほど。ありがとう

「うん(ぽむっとハイタッチ)またね」

 

3回目

バスケットって聞いて紺色さんが思い浮かぶ漫画って何ですか??

「あー、んん(苦笑する)俺、バスケの漫画ってちゃんと読んだことない、なー」

(まさかの答えきたー、確かに野球やっててMAJOR読んだのは聞いたことあるけどバスケはドリブルお察しだしそっか)わ、そうなんですか?

「うん、そう(にこにこ)何で(聞きたかったの??なニュアンス)」

私はスラムダンクだけど、米谷くんは黒子のバスケって聞いたから、狭間の紺色さんだとどうかなって興味です

「あー、米谷はそうなんだ。んー、俺、漫画でもスポーツものって殆ど読まないし読まなかったから。ん」

なるほど、でも聞けて嬉しいです。ありがとう。

「そう??ふふ、またね(ぽむっとハイタッチ)」

 

 バスケの観戦についても少し。初めて観戦したのですがスラムダンク黒子のバスケ

ちょっぴりちょっぴり観た程度のオタクですが、これあれやん、劇中にでてきたあれやん

みたいにテンションあがりつつ観れたのが楽しくて。漫画のとっかかり力すごい。

応援のお姉さんたちの盛り上げ方も引き込まれたし、思わずつられちゃう応援力。すごい。

パフォーマンスの魅せ方も工夫されてる方には、気がつくと目で追っていたし。

チームのオフェンス時のBGMがそれぞれ違って、更にボール奪ってカウンター形式で

オフェンスになる時のBGMがそれぞれあるので4曲を切り替えつつ響くのと、応援も

ディフェンスとオフェンスで変わって、更にフリースロー時の敵/味方時も変わるっていうのが

スポーツの観戦なんだけど、応援上映みたいで。すごく楽しかった。

 

だからこそ、まこちゃんたちの観戦に対する姿勢は少し残念で。

まこちゃんたちはちょびっと入口付近で眺めてる(準決勝の第1Qの中盤で黄色さん、決勝戦の第2Qの途中でゆとりん坊、第3Qの後半くらいから第4Qの頭くらいで桃さん・黄色さん・紫さんがちらほら)程度で(オタクからみえないところから見ていたのかもしれませんが)

ほんっとに色々吸収できただろうに勿体無いなぁと。

紺色さんに関しては全く見かけなかったけど、それはもう予想はしてた。

試合は各Q10分×4でタイムアウトとか含めても一試合2時間で。

ライブパートが彼らのお仕事だと思うし、仕方ないと思う。それはそれと思う。

感想も試合見てなくてもバスケの知識として出したんだろうなってコメントで、観戦してたら、

もっともっと、バスケの観戦者たちも、あっ、観戦して思った生の声だなって、好感持つきっかけになったと思う。

ほんと、表彰式のあとバスケのオタクが続々と帰っていった中で、出てきてドームの告知とか

してるんですけどアウェーオブアウェイで。彼らが出てきても足を止めてくれるバスケの観戦者がほんっとにいなくて。えっっ、1期だよ、武道館やってこれからドーム控えてても、これが現実かって愕然としたのも事実。そりゃそうだよ。

 

 

私だってバスケにほぼ興味は無いけれど、観るなら楽しんで、まこちゃんのパフォーマンスも、試合もどっちも楽しかったなぁって帰る、それがアウェイの中で居させてもらう最低限のマナーと思ったけど、そうじゃなかったみたい。サポーターになったって告知しても3位決定戦のそのチームを応援してる印象は全く無かったし(2階だったからだけなのかな1階だったら見れたのかもしれない)表彰式の予定はあったけど彼らは出なかった、出させなかった運営は賢明だと思う。

もっと出来ると思うんだ。だからこそしなかったことが少しだけ悲しい。

*1:調べたらカードでデュエルするあれとか7個珠集めるあれとか次世代の選ばれし子供達なデジタルな冒険のあれとか載ってるみたい