気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

下賜いただきましたの feat.名古屋城 穀蔵院さま

今年初の謁見は紺色さんではなく穀蔵院さまでした。しかし、奇跡的に演武日にお休みをいただけたのに、雨でしたの。

月1でも謁見できたらと思っていたのに、今月は3回も。ありがとうございます、ありがとうございます。

 

睦月八日。

 

「おお、姫、儂1人で良いのか」

はい、お願いします。   【撮る】

あの、あけましておめでとうございまする?

「おお、おめでとさんじゃ」

今年初は穀蔵院さまです、拝謁できてとても嬉しいです。

「おお、紺色殿ではなく儂か。」

ふふ、はい。甲冑姿、雄々しくて素敵です。

「ありがとさんじゃー」

あの、穀蔵院さまから、今年の…ラッキーアイテムをお年玉でいただけたらと。

「ふむ、そうじゃのうー。(屈んでオタクの足元から頭までをじーっとみる)姫は、一つくらい赤色のものを身につけたらどうじゃ??」

(見事に黒づくめだったオタク) ふふ、穀蔵院さまのお色ですしね。

「おお、存じておったか」

はい、電子絵巻で。

「赤だぞ、姫。身につけてまた城にくるとよい、またの」

はい(どうにかしよう)

 

睦月二十七日

 

「おお、ありがとさんじゃ、参るがよい」

ありがとうございます(御髪最高)   【撮る】

「儂、知っておるぞ。姫はこれからガイシホールじゃろ??(ニカッと笑う)」

わあ、良くご存知で。でも演武もどうしてと見たかったんですよ。

「ほぅ、誠か。嬉しいぞ」

素敵でした。槍さばき。

「ありがとさんじゃ、姫の絡繰にはいつも綺麗な装飾がついておるのう。紺色殿の色じゃな。今日も変えてきておるのう」

えっ、ありがとうございます。気付いていただいてびっくりしました、嬉しいです。

あの、赤でも作りたいんですよ

「おお、姫自ら作っておるのか、作ってちょ、作ってちょー。身に付けてみせてちょ」

は、はい。2月になったら。見せに来ていいですか??

「おお、でもな。」

??

「そうでなくてもまた来ての。待っとるでの。」

ふふ、ありがとうございます。

 

睦月二十九日

 

「折角じゃ、本丸御殿の前で撮るか??」

いいのですか、是非。

「では、参ろうか」   【撮る】

「(ニカッと笑う)姫。儂知っておるぞ、これから設営戦に行くんじゃろ」

えっ、は、はい。(設営戦=ライブかな)

よくご存知で、ふふ。

「設営戦は本田殿と紺色殿と…うーむ」

今日は誠と辻本くんでの設営戦ですよ。

「そうじゃ、つーじー、辻本殿じゃ。ということは今日の電波戦(らじお)は誰が出陣するんじゃ??」

今日は華の90年組です

「おっ、左様か。ということは水野殿と田村殿じゃな」

ふふ(即答だ)そうです。

「設営戦はいつじゃ??」

お昼と夜とです

「おお、紺色殿尽くしじゃのう、楽しんでまいれ」

ありがとうございます、あのう、私、誕生日で、穀蔵院さまから言葉を下賜いただけたら…

「おお、めでたいのう。そうじゃな、うむ(屈んでくれる)姫にとって良きことがおきるようにこの穀蔵院瓢戸斎、心より願っておる、幸せな一年にの。(ぎゅっと握ってくださる)」

ありがとうございます、嬉しいです。

「寒いから気をつけて参れ、またの」