気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

君ありて feat.イオンモール大高 紺+紫

しごおわ後にリリイベなんて諦めていたけども…何と定時前にお客様が全着ー、行けるんじゃないの、と行っちゃいました。
帰りに明日行くはずの本社に寄ることにして友ありてしてきました。

ライブ見たかったけれど話すワンチャンにだけでも恵まれて嬉しいのです。私は話すのが得意ではないし、めちゃくちゃ話せれたわーいっていうのもないけれども。写真は黄緑さんと前回行った時とは別の集合でした。
銀さんがほしいです、でせお。

紫さん

「おおーっ、おつかれ。ありがとな」
(角砂糖投げてきた)ありがとう、仕事大変だから励ましてほしい。
「えっ、そうなの??」
これからまた、仕事に戻るの。
「は??今から仕事、遅くない」
あ、そうじゃなくて…これから打ち合わせなの、合間できてて。
「おー、えっ、なんで??」
えっ、リリイベで来てくれてるから。
「マジで」
うん。
「じゃあ、頑張れるように念こめるわー(ぎゅーっと握ったあと、バシバシっと手のひら叩く)」
ふふ、元気でた。
「抜けてきたの怒られんといいね、頑張れ」
大丈夫。ありがとう。
「ありがとな(ギュギュッと握手)」

紺色さん

今度会社(の有志)で闇鍋するんですけど
「(ぎゅーっと握る)えっ、闇鍋??」
ふふ、はい。…あの、紺色さんなら何いれますか?
「俺、俺かー…んー、闇鍋…食べられるものじゃないといけないんでしょ?? 」
んー、そうですね。食べられるものがいいです。
「んー、じゃあデスソース」
(鬼だ)ふふ、じゃあそれ持っていきます。
「(にこにこ)うん(ポムっとハイタッチ)」


今日おぼん割ってしまったのだけど、紺色さんは懺悔したいことってありますか??
「 んー、んんんー(苦笑)」
あっ…ええと、反省したいこととか。
「んん、んー、何っだろう、ねー。んー(めちゃくちゃぎゅーっと握りながら目をぎゅーっとつぶりながら考えてる)」
(いやもうその表情だけで五体投地)あっ、無かったら…
「 (手ぽむぽむしながら)んんんー、筋肉に対してプロテイン飲めなくてごめん」
えっ(やばいワロタ)
「(若干ドヤされてる)」
ありがとう。

今度魔法神社にいこうと思うのだけど行きたいところってありますか??
「えー、ほんとに魔法神社っていうの??」
ふふ、そうですよ。
「(声裏返りつつ)逆、に、そこが気になるんだけど(にこにこしながらで手ぎゅむぎゅむする) 」
ですよね、名前の響きからして。
「どこにあるの??」
岡山にあるんですよ。
「 へえーー、うん、探してみる。ふふ」
探して見てください、ふふ。
「(ぽむっとハイタッチ)」

興味を引けたようでオタク五体投地。スポライ頑張ってとか様式美で言うべきだったかな、とは思うけれど(勿論そう思う気持ちはあるけど)紺色さんもありがとう、しか返す言葉もないだろうしな、と思うとまぁいいか、と思うオタクでした、