気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

登城しましたの feat.名古屋城 穀蔵院様

久々にけいじさまの登城日と重なりましたので登城してきました。襟が黄色で御顔が映えますこと、目を閉じていらっしゃる御顔が富に良きと思いますの。

 

お写真待ってたら、別の国の方々がどわーっといらしたので待ってたオタク。けいじさまおもてなし終わったあとちょいちょい、とオタクを手招き。お優しい。

 

「待たせてすまなんだの、姫。久しぶりじゃ」

あ、いいえ。お気になさらず。お久しぶりです。

「元気じゃったか??」

はい【撮る】

もうすぐ万華鏡落語ですね、とても楽しみです。

「おお、大分色々固まってきたからの」

そうなのですね、ワクワクします。

「そうか、まちバルでも宣伝したからの、見たか??」

はい、勿論。けいじさまとゆーひさんが一緒に出られているのがみれて嬉しいんです。

あ、今日…あちらでけいじさま達のぬいぐるみをみて…とても愛らしいですね。

「おお、とーまのもあるんじゃよ」

はい、並んでましたね。初めてみたのです。

「そうか(にこにこ)姫は城は久しぶりか?」

あ、いいえ。この間は演舞だけ観にきました。

「まことか‼」

けいじさまのお襟が紺色だったので、お伺いしたかったのですが…

「おう、そうじゃ。紺色だったの」

あ、ゆーひさん推しだと、ふふ。

「はっは、そうじゃな。ゆーひ殿の色じゃ」

(優しい)あ、あの。

「なんじゃ??」

ゆーひさんのぬいぐるみの御顔がけいじさまに似ていて、けいじさまのを作ろうと思うのですが、けいじさまの御髪のコツってございますか??

「お、おおー。(にこにこ)我を姫が作ってくれるのか??」

けいじさまが良ければ、ふふ。

「いいぞ、そうじゃのう、こう、まっすぐツンツンかのう」

(優しいなぁ)ツンツンに、ですね。ありがとうございます。

「出来上がったら見せにくると良い、待っとるぞ、姫」

はい、頑張りますね。

「来てくれて嬉しいぞ、またの」

はい、ありがとうございます。