気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

合掌アンドメン feat.Bottom Line カキツバタ

お友達から来れなくなったお友達の代わりにと誘っていただいた九星ちゃんのライブ。

行ってきましたよ、久々にボーダー以外のペンラ振ったよ。勿論紫色。

魅せるってこういうことって体感して、本当にすごかった。

1曲1曲が遊園地のアトラクションみたいで、楽しい、好き、かっこいい、沸いた、聴かせる、魅せる、息をのませる、ほんと私の語彙力が無いけど、ひとつ、ひとつが丁寧で、曲を大事にしてるなぁって…実感したのは1期のライブにも少なからず行ってはいるけど初めてな気がしましたの。

 

おこめくんを初めて好きになったのは、ミュージカルをみた時に、すごく踊ったり歌ったりする時に魅せる人だなあと思ったからで、今日、ライブでもそれを強く感じて特典会で言おうとした…ん、ですよのまき。

 

 

「あ、ありがとう(にこっ)ピースとハート、どっちにする」

わ、あ、ピースで   【撮る】

<あ、これ…大丈夫ですか??(スタッフさん)

(カメラ確認しておこめくんのところに戻るオタク)あ、ごめんなさい、お待たせして。

「あ、撮れてた??大丈夫??じゃあ、次、どうしよっか」

(めちゃくちゃにジェントルや)あ、ありがとう。ハートで   【撮る】

「(両手合掌して)ありがとう」

(えっ、と思わず合掌してお辞儀するオタク)ありがとうございます、ふふ。

「えっ、めっちゃ礼儀正しいね」

ふふ、手合わされたらしちゃうよ

「ありがとうございます(合掌)」

ありがとうございます(合掌)

「ふふ、あのさ、それ(と胸元に着けた紫の蝶のブローチを指さす)紫色…」

あ、おこめくんのところに(あと紫さん)行く時に着けようと思ってて、作ったの。

「えっ、これ作ったの??そういうの作れちゃう人ですかー(ぎゅぎゅっと握手される)」

作っちゃう人です、ふふ。

「えっ、どうやって作ったの??」

これは、布を染めて作るんですよー、(褒めて調子にのってブレスレットもみせる)あと、あのー、これも。

「えっ、待って。めちゃくちゃ器用。何でも屋さんですか??」

ふふ、何でも屋さんじゃ、ないです。

(カメラが戻ってきたので、漸く日の目をみたカキツバタのストラップをみせる)あのー、これ…カキツバタで。

「えっ、すごい…何でも屋さんですね」

わ、あの…ありがとう。ライブ、すごく楽しかったです。

「(ニコッと笑う)ありがとう、またきてくれますか(ハイタッチ)」

はい、是非。

 

剥がしゆるゆるだ、何でも屋さんって響き、可愛いですね。