気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

ジョブチェンジりましたの feat.吹上ホール 紺+紫+銀+黄緑

カートが真っ白だったり最後の最後でメンバーからポーズの説明があって追いザニアするしかなかったりでしたが、初日の名古屋にいって参りました。

きっちり身分確認したり、時間に遅れた方は入れなかったりとまともな対応しているな、と目にしたオタクは思った次第。午後から券にスタンプ押してるのも良かった(券譲渡対策できちんと購入履歴チェックしてた)

 

オタクもちまちまと小道具を用意しつつ参りましたよ。

ソムリエ(拓さん(紫さん考案のBDグッズ、杖型鏡)拓さんに持たせるミニチュア(グラスとワイン瓶))

ビジネスマン(服と靴、ペン各種、社員証)

帆学ラン(去年作ったネクタイ)

他には、それぞれに合うアクセを各種持っていきました。これね、自己満とは思うけれど迷惑をかけない程度(トイレを長時間占拠とか人が目にするところで下着をみせて着替えるとか会場外で歩くには場違いな格好でいるとかは言語道断だけれども)に準備するのはありだと思うわけで。

頭良いなぁと思ったのはビジネスマンに対してのエプロン!!なるほどー同僚でなくてワイフね!!でもオタクは社畜だからやっぱり同僚が良いな笑

 

1部

紫さんソムリエ

「おっ、いらっしゃいませ(手胸元においてる)どうする」

あっ、乾杯で。

「はい(とグラス渡してくれる)じゃ、乾杯しよう(カチンとグラスが合わさる)」   【撮る】

拓さんと飲みにきたよ(拓さんをマステでカーディガンの裏に貼り付け、拓さんの手の部分にグラスとワインボトルのミニチュアをマステでくっつける)

「おっ、まじで。えっ、これすごくない?作ったの?」

や、貼っただけだよ。

「ってか、拓さん意外とワイングラス合うんだなー(しげしげと見てる)さっきも3人で乾杯したしな、ありがとな」

ふふ、ありがとう

 

※この後、写真確認したらぶれていて、3人で撮ったのは幻になってしまいました。撮り直し希望したら、オタクのカメラも撮りにくいし(まあ、これは事実)、次からはきちんと撮るスタッフに撮り方の説明をしてと黄色さん担当してたふぉーぬんのスタッフに言われる始末。したよを三重にオブラートに包んで伝えてやっと撮り直せたよ…オタクに責任転嫁するのもどうなのとは思うけどね…

 

 

紺色さん大工さん

 

(やっばい、こんな職人さん現場で見たとこない)

「はい(ピースとかハートとか聞かない前にメジャー渡してくる)」

(にこにこに浄化される…と思いつつメジャーにぎるオタク)   【撮る】

わー、仕事でも使うけどメジャー苦手なの。

「えっ、何で??」

良くねー、手切っちゃうんだよね。

「や、普通に使えば切れなくない??(と、伸びてた定規部分を戻す)」

ふふ、そうなんだけどシュンってやる時にスパッとねー、よくなっちゃうから苦手

「ふふ、ゆっくりこうやって(実際もう1回出したあと戻す)戻せば…大丈夫(にこにこ)」

ふふ、なるほど、ありがとう。

「(ぽむっとハイタッチ)」

 

2部ビジネスマン

 

黄緑さん(お友達のおつかい)

 

ゆーたか先輩、今日はいつもしてるのにメガネしていないんですか??

「んー、昼休みだからぁ、今ははずしてる」

わ、先輩今昼休みですか??ランチ行きましょうー、何食べます??

「んー、そやな…ゆーちゃむ、今日の気分はハンバーグ!!」

わっかりました、車まわしてくるんで待ってて下さいー

 

紫さん

「おっ、お疲れさま。どうする??」

ネクタイ緩めて??

「おっしゃ」   【撮る】

つっちー先輩、お仕事お疲れさまです、ご飯そろそろ食べに行きません??(時計みる小芝居)何食べます?

「おー、いいよ。何でも俺いいけど何食べたい??」

(えっ、どうしよう)…そうですねぇ、生姜焼きとかどうですか??

「意外とヘビーやな」

ふふ、夏バテ防止で。

「おっしゃ、いこ。(パンっとハイタッチ)」

 

紺色さん

「どうする(にこにこ)」

あ、緩めて…いただいても

「(キメ顔される)」   【撮る】

紺色先輩に勧めていただいたボールペン(前日新商品の商品&お渡し会があった)早速使ってます、ふふ。

「あっ、それ!!書き心地はどう??」

すごくいいですよー、さすがデンマーク産(ほんとにデンマーク産)

「(フハッと笑う)そっかー…(なんか言おうとしてたけどまとまらなくてにこにこしたあとハイタッチ)」

 

おかわり紺色さん

 

紺色先輩、そろそろお昼行きませんか??今日、何食べますー??  

「んー、そうだなー(声裏返る)…うーん(交代促されそう、されたのでずっとぽむぽむ手してる)」

…私決めましょうか??

「うーん、あっ(にこにこ)冷やし中華!!」

わ、夏らしいですね、行きましょう。

「うん(ぽむぽむハイタッチ)」

 

ランチ接触でした。

 

 

3部帆学ラン

 

紺色さん

「あっ…どうする(と言いつつアイアイサーする)」

あっ、アイアイサーで(と左手でやる)

「あっ、左手じゃなくて右手(もっかいアイアイサーする)」

あっ…ごめんなさい、こっちですね。

「(にこにこする)」   【撮る】

あの…今から私が言うことにアイアイサーって返してくれますか??

「ダメです(即答してドヤァ)」

えっ…ダメですか??

「ふふ、それって返すのはアイアイサーじゃなきゃどうしてもだめなの??(八重歯見せつつにこにこ)」 

(頷くオタク)

「(頷く紺色さん)」

生ビール ハイボール

「アイアイサー??」

赤ワイン 白ワイン

「(フハッと笑う)アイアイサー」

いざ飲み干せぇー

「(口元に手持ってく)」

ふふ、ありがとう。

 

銀色さん

「アイアイサーで撮るから、せーの」

はい。

「アイアイサー」   【撮る】

銀さん、アイアイサーって返してくれますか??

「あいあいさー」

あっ、ええと…赤ワイン 白ワイン

「アイアイサー!!」

焼酎 日本酒

「アイアイサー!!」

いざ飲み干せぇー

「ハッハッハ、なんだそれ」

すみません

「ありがとなー」 

 

酒をあけろネタ

 

4部 部屋着でリラックス 

 

紫さん

「おっ、今日は良くきてくれるじゃん。どうする??」

おやすみで。

「おっしゃ、こうな(と実践してくれる)」   【撮る】

あのね、紫で作ったから着けてきたよ(と、蝶のブローチをみせる)

「えっ、ちょっと待って。これ??」

うん、そうだよ。

「なにこれ??えっ、どうやって作んの??」

布染めて作るんだよ

「はー、前も思ったけど器用だね」

エッ、あ、ありがとう。

「またな(ハイタッチする)」

 

紺色さん

「(ポーズしながらじーっとみる)」

(こっちもジェスチャーする)   【撮る】

(はわわ、アームピットフェザーはみえるは腕は雄々しいわ焼けてて雄々しいし、足も逞しいしすね毛は雄々しいし、なんて言うか雄々しい)…

「?(じーっと見られる)」

あ、あのー…すごく雄々しいですね(オタクの身長上胸元のタンクトップの境目すぎて胸板が雄々しくて直視できない) いつも、そんな感じなので?

「いやー、違うよ。パンイチ(ドヤァ)」

パンイチ

「うん、パンイチ(ドヤァ)」

(直視できずにオタクからハイタッチの手を差し出す)

 

5部 オフ私服

 

紫さん

「おっ、どうする??」

手お願いしてもいい??

「おっしゃ、はいどうぞ」   【撮る】

すっごく素敵、赤すごく似合うね。

「おー、ありがとう。メガネは??どう??どう??」

オシャンメガネだー、ふふ。

「(俺)メガネ(と自分指さす)、それでメガネ(オタクを指さす)、うんお揃い」 

ふふ、あっ、メガネ。そうだね。

「(ぐー作って両手をオタクに突き出す)イェーイ」

(ハイカーストの流儀はわかんないけどとりあえず同じように)イェーイ、ふふ。

「今日はありがとな。」

こちらこそ、ありがとう。

 

紺色さん

 

(わー、なんか何て言ったらいいんだろう)

「どうする??」

あー、ええと(じーっと手みる)

「(分かった、と手出してぎゅっと握る)」   【撮る】

(靴サンダル系な素材なのか普通に綿ぽい素材なのか謎すぎる)靴、すごく個性的ですね。どういう素材なんですか??

「ええー、何だろ、こういう素材、ふふ」

エッ、うん。いや、分からないよー

「何っだろうねー」

あっ、明日から暫くオフがないので何か応援して下さいますか??ふふ。

「えっ、そうなの??」

そうです。

「ふふ、忙しいね」<はがし

「あっ、うーん…(親指突き出してめちゃくちゃに良きグッドルッキングガイなお顔をされる)」

あっ、ありがとう。