気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

リリース日ですの feat.アスナル金山 紺

もうね間に合わないから諦めるつもりでしたの、でもフォロワーさんが間に合いそうだよって逐一連絡をくださって、五体投地ですね感謝。

 

もうね、券買って列走ったらまだ3人いたの、奇跡、夢は諦めければ叶う、マジです。オタクはあゆたむのこの曲が大好きすぎて、タオル買って浴衣ツーショ撮りに行きましたよ。赤でも金でも黒でも出目でも取ってくれるんですよ、惚れるよ。

 

紺色さん 1回目

 

ま、間に合ったー。

「お疲れ様、ん、間に合った??(ぎゅーと握手してくれてるけど、もう片方の手は口元に持っていって苦笑してる)」

あ(独り言漏れてた)、あの…ギリギリって聞いてて、これからまた仕事に戻るの…抜けてきてて…

「えっっ、これから??」

(頷くオタク…ダッシュきめて体力が無い)

「仕事??」

(頷く)

「じゃ、発表ここで聞けないの??」

うーん、残念だけど…仕事しながら結果みるから。

「うん」

帆上げてくれるって思ってるので。

「ありがとう、仕事、頑張って!!(ぎゅぎゅっとしてくれる)いってらっしゃい。」

わ、あ、あの、ありがとう。頑張れそう。

でも。あの、もう1回(紺色さんのところに)きてからいくので。

「うん、またね(ぽむぽむハイタッチ)」

 

紺色さん2回目

「ありがとう(にこにこ)」

今日、紺色さんのおみくじがでたんです。

「えっ、うん(にこにこ)」

目の中に煌めきってどうやってためたらいいんでしょう。

「ふふ、煌めき?えっ…んー、皆あるでしょ普通に」

ふふ、紺色さんみたいにないですよ。

仕事してると私、目の奥死んでますもん。

「えっ、ふふ。無くなるの?」

無いですもとから。

「あるよ」

そうですか、ふふ。ありがとう。

「(にこにこ)じゃ、いってらっしゃい(ぽむぽむハイタッチ)」

 

教えてくれたフォロワーさんにお礼言いに行ったら、夢は諦めなければ叶うって言われてワロタ、ほんとだね。