気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

腕相撲リターンズ feat.CBCなつまつり 紺+紫

行かないつもりだったんです、でも朝すっきり目覚めて、お城行けるじゃん、曇ってるから体力奪われなさそうだし…ってなったらねー、行くよねこのマダオ!!行きました。

お城で三英槍様と謁見できて、はちまるくんと会えただけでも運を使い果たしてる。

 

紫さん

「おっ、今日もきてくれた!どうする??」

元気だね、うん、腕相撲。再戦してくれますか??

「おっしゃ」

(全然びくともしない)強いー

「全然動かんじゃん」

んー(両手でやる)

「っはは、ちょ、両手の時点で反則」

だって勝ちたいー

「はいどーん(ぐいーんとオタクの手を机につける)」

あ〜

「俺絶対負けんからな(ドヤァ)ありがとう。」

 

紺色さん

「どうする?(と言いながら普通に腕相撲始める)」

あの、今日、お城に行ってきて。

「いいね(にこにこ)」

けいじ様から、歴史が詳しい以外にいい所って無いのかって言われたのですけども

「や、だって本当に詳しいし(言いながらオタクの腕をぐいーんと倒す)他にかー(ぐいーん)」

な、無かったら…

「普通に話しやすいしなー(ぐいーん)話しかけやすいし」

(あるじゃん)そうですよね

「うん(にこにこ)」

ご本人は顔がカッコイイとかが良かったみたいですけど…

「(フハッと破顔する)あ、そういうね(ぽむぽむハイタッチ)」

 

紺色さん

「うん、どうする??(と言いながら普通に腕相撲しだす)」

あのー(リハが始まって爆音)

「えっっ、何??(声のボリュームあげて、屈んでくれる優しみだけど、ぐいーんとオタクの腕を倒す)」

今履いてる靴も含めて、1番踊りやすい靴ってどれですか??

「靴??(ぐいーん)」

はいー(あー、折角新しい靴なのにもうつまずった跡ある)

「1番踊りやすいのはあれ(ぐいーん)和学ランのときに履いてる紺色のエナメルのやつ(ぐいーん)あれ、ダンス専用の靴だから(ドヤァしたあとぐいーん)」

ありがとうー

「えっ(相変わらず爆音)」

ありがとうー!!

「ふふ、ありがとう(ぽむぽむハイタッチ)」

 

ぐいーんぐいーんし過ぎ。