気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

帆上げってきた feat.大高イオン 桃+紺

紺色さんが先日の盆踊りを盆踊ってきたとブログタイトルにしてて可愛いなぁコンチクショウと思ったオタクです、可愛い。

好青年に言うことではないけれども。

 

紫さんがいると勘違いしてたのでどうしようか迷った挙句、桃さんに行ってきました。

アザっす浴びたかったの。

 

桃色さん

「おおぅ、アザっす!!」

わ、あ、ありがとうございます。

桃色くんに元気もらいにきました。

「おっ、じゃあ一緒に喝もあげとくわっ、ンフフ(バチっとオタクの手の甲を叩く)」

ふふ、げんきでました!(びっくりしたけども)ありがとう。あの、桃色くんの好きなMS教えてくれますか??

「おっ、んー、どうしようか。連邦だとガンキャノン(即答)んー(多分ジオンの名前が出てこなかった模様)えー…、あっ、ジオンだと『ギャン!!(めちゃくちゃ力強く言う)』」

わー、渋い。ありがとう。

「ンフフ、アザっす(ぎゅーっと握手したあとお手振り)」

 

あまりにも力強くて、家帰るくらいまでじんじんしてました、手。

 

紺色さん1回目

 

「おっ、ありがとう(めちゃくちゃぎゅーっと握手される)」

あ、ありがとう。今日は仕事が終わってからきたと思いますか??それとも、仕事抜けてきたと思いますか??

「んー、仕事にまた戻らなきゃけない(ドヤァ)」

ふふ、あたりです。

「やっぱりね(にこにこ)大変だ」

ねー、終わってから心置き無く来たいんですけど…

「しんどいね、うん(ぎゅぎゅっと握手する)、頑張って!!(にこにこ)」

あっ、まだ、ちょっとだけ来てから…行きますから。

「うん、またね」

 

紺色さん2回目

 

なりたかった職業で(ボイザニア)大工さん…ありましたけど(上手いこと言葉がかけれないオタク)…紺色さんは(語彙力)…あ、うーん、なりたかった、の??

「(無理やり引き出した感に途中から苦笑してる)えっ、うーん…大工さん、うん、別になりたかった訳じゃないけど」

(やっぱりいぃ、言うあたりが紺色さん)ふふ、えっ??そうなんですか?

「あれねー、俺だした二つ却下されたの(残念そうにいう)」

(マジでレスマジで好きです)あああ、そうなんですね、何…

「ねー、そう…(言いかけてたけれど、はがしでやめる。ぽむぽむハイタッチ)」

 

紺色さん3回目

 

「ありがとう」

ありがとうございます、あの、明日仕事で廃墟ホテルに行くんです。

「ええっっ(すごい熱量、目めちゃくちゃキラキラしてる)廃墟??(声裏返ってる、めちゃくちゃキラキラしてる目)」

はい

「行くの??(ぎゅむぎゅむ握手される、目めちゃくちゃキラキラ)いいね!(きらきら)」

(ほんっとこういうところ好き)はい、なので…5秒だけ陰陽師になって、悪霊退散!!してくれますか?

「えっ(口元に手持って苦笑する)うーん、でもさー」

ダメですかー?

「うーん、うん。でもさー、それは無事に帰ってきてからするものじゃない?(ドヤァ)」

(マジでレスされてます)あっ、確かに。

じゃあ…無事に帰ってこれたら…

「ええー(にこにこ)うーん、それはどうだろうねー(ぽむぽむされる)」

ふふ、うん。

「うん、またね」