気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

どちらも大きいね feat.第七学園ライブ 夜 紺

本当は紺色さんとお会いした後にお城に行く予定だったのですが、

登城時間に間に合わなかったので、断念。空も曇り空だったので、

仕方ないかな、と。夜の部はちょうど真ん中の列だったので、緑さんが

CFCで来てくれました。あれだけ踊っているのに、手がひんやりしているのに

驚いたのと、やはり指が長い。眉が見えている方が緑さんは好きです。

 

二部も紺色さん。今年はね、紺色さんシカをできるだけ貫くつもりで・・・

した*1

できるだけそうしたい所存です。夜は、はがし早かった・・・。

 

「ポーズ、どっちする?(ピースとハートのジェスチャー

うにょうにょする)」

(かわいいにまた被弾してしまった)うっ、あー、あの。ハートで。

「ハート?ふふ、はい(にこにこ)」【撮る】

<あれ、撮れたかなぁー(とスタッフさん、見慣れない方だった)

「(撮れていなくてもう一度)はい(ハートの手を持ってくる)」

す、すみません(と手出すオタク)【撮る】

「撮れたかな?」

だ、大丈夫です。(スタッフさんと確認するオタク)

「次、どうする?(またうにょうにょする)」

あ、ピースがいいです。【撮る】

 

はい。*2

「うん?・・・はい(にこにこ)」

(あー、またやってしまった)あ、あの・・・今日、お昼も夜もライブみれて

とても楽しかったです。

「ふふ、ありがとう」

あの、飄戸斎殿にお会いしに名古屋城に行ったのですが、紺色さんと飄戸斎殿は

どちらが大きいですか?

「(えー、どっちかなぁみたいな感じで右上を見上げる紺色さん)うーん。

あ、俺と?ううーん、どっちかなぁー(声が途中で裏返る感じ)んー、

俺・・・か、なぁ。」

飄戸斎殿の方が大きそうだけど)わ、そうなのですか。

「うん、俺だと思う(にこにこ)あっ・・・、でも。」

「髪の毛入れてだったら、断然あっちだけどね、ふふ(にこにこ)」

ふふ、確かに(そっかぁ、紺色さんの方が大きいのか)ありがとう

ございます。<はがし

あっ、あの・・・

「うん。(にこにこ)」

次、奈良・・・ですよね。ツアー続きますけど、頑張って下さい。

「(ぎゅーっと握手の手に力入る。にこにこされる)」

あの、時間無いと思うのですが、機会があれば・・・わらび餅*3食べて下さい。

「えっ、わらび餅?(何でって感じに苦笑される)」

(頷くオタク)

「うん、分かった。オッケー(ぽむっとハイタッチする)」

 

気付いたら沼にいて、気付いたら紺色さんカテゴリーが100超えてた

のに衝撃 笑 基本的に五体投地で、敬語なのは変わらないですが、

紺色さんが敬語で僕だった一人称から、俺になったり、敬語じゃなく

なってるのが地味に嬉しいです。

*1:そのつもりだったのに、フラリエで白チョコプリ新衣装とかひどい

*2:緊張した頭を切り替えるのに一息いれるんですが、無意識で声が漏れ出るようです

*3:奈良のわらび餅はほんとわらび餅の感性が変わる位めちゃくちゃ美味しい。やわらかくて、普通のわらび餅は、所詮紛い物よと思う位美味しいのです