気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

目指す肉まんの方向性が違った feat.47都道府県ツアー神奈川 1部 紺

47都道府県ツアーが始まりました。

何だか国盗り合戦企画もあり、紺色さんが国主になられた県の民が

羨ましい限り。(ちなみに千葉の国主)

繁忙期とダダ被りしているので、多くは参戦できないのですが、行ってきた

お友達たちが、紺色さんがこうだったよとオタクに教えてくれる優しみを

発揮してくださるので、今日も社蓄ライフが送れるわけで。

千葉のお菓子でぴーなっつ最中というマイベストお菓子ランキングに入る

ものがあるのですが、ツアーの前日に紺色さんというか、オタクたち、折角

行くなら食べて、的なツイートをしたのですよ。

そうしたら、紺色さんがステージで食べてたという奇跡イズ五体投地

教えてくれるお友達にもお土産でくれたお友達にも五体投地

 

神奈川は嬉しいことに昼夜公演地となったので、両部とも参戦してきました。

とてもいい位置でみれたのですけど、近すぎて逆に見れなかった笑

格好よかったですよ、とっても。

バリヤンの金銀を私のDESEO組み合わせである紺緑でやるとか、

もうね、ご褒美・・・。ありがとう、そして、ありがとう。

 

そして、ポーズ。ご当地に因んでいるのか果てしなく謎ですが、神奈川

1部は2人で肉まんを形成するというポーズでした。

ただ、紺色さんの目指す肉まんイズ包子(コンビニに肉まん)私の目指す

肉まんイズ小龍包で、とっても不恰好な肉まんを形成しました。

お一人でも作っていただいたけれど、あの、そのお写真で社蓄繁忙期乗り切れ

ますよってくらい素敵な表情をして下さってて、あの、好きです。ほんと。

(実際、デスマーチに耐え切れなくなるとスマホの画面を覗くオタク)

 

「ポーズは?」

(一人で肉まん作って、とスタッフさんの後ろからジェスチャーで伝える)

「(えっ、1人でって顔をされる(ピンが私が初でした)」

(頷く私)【撮る】

「(にこにこ)どうする?」

あの、肉まん・・・が、いいです。

「肉まんね(にこにこしたあと、こうかなぁとしゅっと屈んでくれる)」

「(屈みたりない(=オタクとの身長差約25cm)ようで微調整する)」

【撮る】

(えっ、大きいハートを形成したりなんだかんだで屈んで下さらないけれど

ジャスティスと思ってた、紺色さんが、紺色さんが屈んでくれてるイズ

夢?状態で無言なオタク)

「・・・?(待ってる紺色さん)」

アッ、あの、今日色々な曲が見れて、とっても格好良かったです。

それで、とっても楽しかった~~。(語彙力の無いオタク)

「ふふ、そう?(と片手を鼻に持って行く紺色さん)よかった。」

ふふ、はい。あの・・・この間、ワールドでオススメして下さったので、

GARO

「あー、GARO!!(にこにこする。そして手にぎゅーっと力)」

からみようと思ったのですけど

「うん」

ミカヅキからみてみようかな、と思って観てみました~。

「おーー、ミカヅキ!!どうだった?」

ふふ、面白かったですよ~。ただ、う、うーん、スイカが・・・

あの、しばらく食べられなさそうです。(苦笑)

「ああー、スイカ。スイカかー。うん、そうだ(笑ってる)」

ふふ、でも続きはみますよ。

「うん(にこにこ)」<はがし

あの、夜も行くので、ええと、頑張って下さい。

「あ、夜も?ほんと?うん、ありがとう(にこにこ)」

はい~。

「(ぎゅーっと握手)」