読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

Sir.青髭さま feat.第七学園合唱部第一回定演 紺

とても良き演奏会でした。何というか、合唱部+青髭様だけで時間を回すのでなく、

中学生たちとの合唱の時間もきちんとあって。あと、青髭さまがとっても楽しそうだった。

サングラスかけててもすごく楽しんでるなぁって伝わってきてオタクはもう、五体投地

するシカ・・・。中学生たちと一緒に後方でフリをしている時も、当たらないように

めっちゃくちゃ気遣ってるところとかね、好きです。ほんと。あとは、緑さんって10人

いるときだと割と声のボリュームを抑えて歌ってるなぁ~と思うのですが、この日は

すごくそういう気遣いの無い(良きこと)声量で。良きこと。

 

オタクはこの日どうしようかなぁとずっと迷っていたのですが、最終的に、

紺色さんにマックス積みました。勿論、複数のメンに行くのも楽しいのですが、

時間にやきもきするのと、私自身のキャパが足りないことも自覚したので笑

紺色さんはライブがとっても楽しかったようでにこにこされてました。可愛い。

そして、連番したおともだちによると、紺色さんなんだか私に話しかけて下さってた

そうなんですが、余裕なくて教えてもらうまでしらなかった社畜です。。。

 

「ポーズ、どうする?(ふわーっとにこにこ笑ってる)」

(あわわわ、にこにこしてる。)ハートで【おひとりで撮ってもらう】

「次、どうする?ピース?ハート?」

あ、あの・・・ピースで。

「ふふ、ピースね(にこにこ)」【撮る】

「次は?・・・ハート?」

あ、はい・・・ハートで。

「ハートね。はい(と、手を持ってくる)」【撮る】

「あと1枚?どうする?」

う、うーん。どうしましょう。(考えてなかった)紺色さんはどちらがいいですか?

「俺?んー、どうしよう。あっ、どっちも撮ったっけ?」

(あーwww)ふふ、どちらも撮りました。

「そうかぁー。んー、じゃあ、ピースで」

はい【撮る】

 

あ、あの・・・今日、とっても紺色さん楽しそうで・・・。見てて何というか、

とっても楽しかったです。

「えっ、ほんと。ありがとう(にこにこ)良かった?」

(そこでにこにこされると色々反則なんですけど)はい、良きでした。

「・・・・(何かオタクが言うのを待ってる紺色さん)」

・・・(にこにこに浄化されて、言葉が出ないオタク)<はがし

アッ、あのー。これ!お揃いで着けてきました(とネクタイひらひらするオタク)

「えっ、あっ!!ほんとだー。同じじゃん(にこにこ)どうしたの?」

ふふ、amazonで見つけたので買いました。

「ふふ、そうなんだ~」

あ、あの。ほんとに楽しそうで、私も見てて楽しくて・・・だから、

二回目の機会があったら、また・・・出て下さい。

「えっっ、そんなに(にこにこ)うん、ありがとう。またね」

 

ほぼカオナシ接触でしたが、全体的にふわふわにこにこしてて

ああ、本当に楽しかったんだろうなぁと思ったオタクでした。

あと、確約できないことは、○○するね!って言わない紺色さんのスタンスが

私は好きです。でも、また定演があったら出て欲しいなDESEO。