読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

紺色さんとコントしてきた feat.ポートメッセ名古屋 1部

新年会の二次会を断った際、怪訝な顔をされました。

こんにちは、新年明けまして紺色さんのところに初めて行く

のは、コントをしに行くと、頭抱え案件です。

 

1発目は「部活」です。

部活って行ったのに、何だかミリ服着て銃持ってますけどォォォ。

復讐したい?解放せよ、贅欲、憎悪 Crazy

 ファイッッッ!!!

 

(銃をいじりながら待っている紺色さん)

紺色さんは、えーと・・・(格好いいなぁ)何部なんですか~?

「ふふ、これ?うーん(にこにこ)何部だと思う?」

うーん、何でしょう・・・あ、サバゲー部?

「そう(にこにこ)」

わ、良かった~当たった!!

「ふふ。皆やっぱり見たら(と服装をつんつんする)分かるのかな~?」

ふふ、そうですね。あの・・・それは、ご自分のですか?

「んんー、これ?(にこにこ)そうだよ~」

(やってるのか?)

>『写真撮りまーす』

「(銃をこっちに構えてる)」【撮る】

「ぱすん(と空砲が鳴る)」

えっ、エッ・・・撃たれた?空気きた。

「(にこにこ)」

あ、これ(コント)って、何か仕込んできたほうが

いいですか?

「んー、うーん(にこにこ)どっちでもかな。

どっちでも大丈夫」

ふふ、分かりました。ありがとうございます。

 

お話するのが久々すぎて、どういう風に話してたのか

分からなくて敬語は抜けてるし、焼きもの部じゃないし、

ミリ服というかブーツ最高だし、五体投地するしかない。

 

お写真どちゃくそ半眼で格好いい紺色さんじゃ全然無いんですけど、

逆に残しておきたくて、撮りなおしはお願いしませんでした。

(格好いい紺色さんも召還したかったんですけどね笑)