読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

いつのまにかカメラを熟知してた feat.アスナル金山 紺

私はCanonのカメラがとても好きです。

そもそも写真を撮ることが好きで、まだデジカメとフィルムカメラが半々位の

シェア率の頃に好きが高じて現像するバイトをしていて、留学のためにデジカメを

買った時もCanon、その後ずっとCanonのカメラを使って今は三代目

です。小さきものを撮る機会が多かったことから選んだ三代目のカメラ

ですが、画面確認はスマホみたいな感じで、シャッターがレンズ部分に

あるという、なんとも人に説明するのが面倒な仕様。

良く撮ってくださるスタッフさんには、もれなく「あ、でたな。この

カメラ!」「シャッターここですよね!覚えてますよ!」って言われます。

すみません。反面、初めて撮ってくださる方にはここです、と説明を

しています。前置き。

 

<ここです、とシャッターの位置を説明したもののスタッフさん、写真が撮れず>

あ、あの・・・お待たせしてしまって、すみません(と紺色さんに言うオタク)

「ふふ、うん。慣れた」

(あーーっっ、もうほんとごめんなさい土下座ァな勢いで)そうですよね;;

ほんとに、ごめんなさい。

「あ、(違う違うと手をひらひらする)そうじゃなくて・・・。うん、見慣れた(にこにこ)」

あ(優しみだ)、ありがとう・・・。<撮れない>

「あれさー、押すところ違うんじゃない?前だよね、シャッター?押すところ」

え・・・。あ、そうです(よく見てるなぁ)

<スタッフさんにシャッター押す位置を伝える>【撮る】

<すみません、ピントが合わないんです。とスタッフさんに言われる>

「あっ、ふわーって押してない?」

(すごいな、ほんとよく見てる)あっ、思いっきりぎゅーっと(シャッター)押して下さい。【撮る】

「大丈夫そう?」

はい。ありがとうございます。大丈夫です。

あの、紺色さん・・・、BMCAの動画で承太郎さんポーズ、最後にしてますよね?

「えっ??俺?やってた??承太郎??」

えっ・・・。はい。ズギュウウンってやってました、よー。

「えー(にこにこ)」

あ、あの・・・ダンスコンテストの動画で、最後に。

「あー、(あっちかぁという顔)こうやって?(とズギュウウンとやって下さる)やってた?」

(不意打ち、融ける)エッ、あ、わー。ありがとうございます!ふふ、やってました。

「(笑ってる)」

あの。明日・・・(番号が良くないから買えないかもとは言えないな)ギリギリで、

物販の時間に間に合わないかもしれないので。あ、ええと。あの、良いお年を。

「えっ?そうなの?でも、ライブは来てくれるんだよね」

あっ、はい。行きます。楽しみにしています、ふふ。

「ふふ、ありがとう。忙しいね」

(角砂糖投げつけてくるなぁ)あ・・・、え、はい。今日も持ち帰って仕事しなきゃ。

「お疲れ様です。頑張って!!(ぽむっとハイタッチ)」

 

カメラが覚えられていた。