読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

 締めてきた feat.アスナル金山 紫

私服だと・・・と、胸の動悸を抑え、向かいましたよアスナル。

前2日間に枯らされた惨状が脳裏によぎり、枯れないで、頼む

と思っていたところ、全然枯れる気配もなく。

ありがとうございます、五体投地

紫さんは、ほんとキレイ目で癖の無く、そっとオシャンな

街に溶け込むお洋服を着て登場。お忍びの皇族みたいだった。

服に着られるわけでもなく、着こなしてらっしゃる。

褒めBotになるしかない笑

 

「おおっ、きてくれた。ありがとな」

つっちー、オススメは何ですか?

「えっ、俺?これ(とシェイクハンズの手をする)シェイク~」

ふふ。じゃあ、それで。

「おっしゃ、これなー!!」【撮る】

(しかし格好いいなぁ、着こなしといい)今年、すごい

有限実行だったつっちーに沢山パワーもらってました。

ありがとう(ぺこり)

「えっ・・・。うん、そう?」

うん、そうだよ。

「そうか、なー?」

そう!!

「おっ、うん。俺、そうできとったかな?」

できてたと思うよ。

「えっ、(ほわーっと笑う)うん。ありがとなっ・・・うん。

めっちゃ嬉しいわー。何?今年、最後(と覗き込む)?」

うん(つっちーはね)今年最後。締めです。

「そうかー。うん、来年も土田のところに来てくれる?」

うーん、どうかなぁ。

「・・・・(無言の圧)」

ふふ、いくよ。きっと。

「おー(よしって感じで笑う)来年も土田のところに

来てくれるように、頑張るからな」

ふふ、頑張って。あっ・・・でも、コントはいくよ。

「おっ、そう?」

はい、ドライブ!

「おっ、まじでぇー。待っとるわ。じゃあ、来年、な」

はい、良いお年を。

「またな(とバシバシっと手をタッチしてくる)ありがとな」

 

自分の目標を掲げて見える形で現してくれた紫さん。

華やかな舞台でのスキルで、というよりも裏側だったり、

見えない部分でのジェントルさを目にする機会が多く、

年下なんですけど、すごいなぁと尊敬してます。