読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

屈まないでいただく feat.先行上映会in大阪 1部 紫

久々に天むす県以外で名古屋の町おこしお兄さんたちに会いに

行ってきました。高速バス使うなら、大阪ならJRバスが良き。

大阪駅からね、迷わないでいけるものね。

地下鉄の駅まで10分歩くと100円ばかり交通費が抑えられましたが、

大阪駅ダンジョンのおそろしさを、まこライで体験済みでしたので

おとなしく社蓄は電車を乗り換えていきましたよ。

大塚愛さんの「さくらんぼ」が駅発車の合図になっていて、おおう

地方カルチャーと思ったり。上映前に会場付近のオシャンなカフェは

ファミリー(しかし、こう書くとほんとマ・・・な方にみえる笑)に

駆逐されていましたので、お蕎麦屋さんへ。

蕎麦よりもメニューに載っていたお団子とそばアイスに惹かれて、

なんともスウィーツBBAと成り果ててきましたが、美味しかった。良き。

 

部屋着・・・うーんうーん、誰に行こうと服飾ラヴァーメンは悩んだの

ですが、紫さんに行ってきましたよ。白が本当に似合っておりました。

 

「おおう、ありがとう~。どっちにする?」

(服の模様隠れるのは嫌だなぁ)ふふ、ピースで。

「おっけー(と社蓄に合わせて屈んでくれる紫さん)」

あっ、ごめん・・・。できたら真っ直ぐ居てほしいな。ごめんね。

「おっ、屈まんの?」

(頷く私)

「ちょっと待って(とスタッフさんに言う紫さん。

その後まっすぐ立ってくれる)」【撮る】

 

「おー、ありがとう。屈まん方がいいの?」

うーん、なんだろ。つっちーがどれくらい大きいのかなぁって

見たくて。ごめんね。

「おっ、(にこっ)おー、どう?」

あのね、やっぱり大きいなぁっていうか、うん、大きいね。

「そうやろー、いうても183センチあるからなぁー(と、どやっと

しながらにこにこする)」

ふふ、そうだね~。大きいなぁって思ったもの。

あ、あのね。あとつっちーのぬいぐるみ、あたったの。

「お、ほんと~(にこにこ)」

だから、何か作ろうと思うんだけど、何の衣装作って欲しい?

「んー、どうしよっかなぁー・・・・(紫ポーズをしつつ考えてくれる、

優しみプライスレス)」

あっ、あんまりね・・・細かいのは難しいかも。ごめん。

「うん、そうかぁ~じゃあ・・・ラブモン」

ラブモンね。いいよ~~。ちなみにね、紺色さんのは作ったの。

(承認欲求の強い社蓄、見せる)

「おっ、おー、これ作ったの?ん?これ、何の衣装??」

(あー、そこかぁ)あ、あのね。今着てるやつ、そこで。

「(隣の紺色さんを見る)おっ、えっ?作ったのこれ?完成度

高くない(優しみ)」

(優しみほんと強いなぁ)あ、ありがとう~。

「紫のやつ、作ったら見せてなぁ~」

うん、がんばるね。

「ありがとな、またこいよ」

ふふ、ありがとう。

 

ほんと~、屈まない王子で居てほしくあるよ。

しゅっと立ってるとまた王子度増すから緊張するけれど。