読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

出来る限りのことはする feat.先行上映会 2部 紺

映画を観てきました。多分、複数観るだろうけど一回目に感じた

ことを引きずりつつ見るのかなぁと。知らなかった人に町おこし

お兄さんを知ってもらう映画として見てほしい。と思います。

最後に少しだけ見て思ったことを(ネタバレあるので反転して

下さい)

 

なんでフレンチブルドッグ宛がわれてるんだい?といささか

疑問を残しつつ思うTシャツをお召しになっての今回。

どちらかというとハスキーぽいのに。でも、紺色さんの中では

ハスキーだろうがフレンチブルドッグだろうが、犬としての

認識でしかおそらくない。そして靴がまた変わっていたよ。

やっぱりスエード暑かったのかなと思うモンペ。しかし、今度も

エナメルっぽいお靴で通気性が無さそう。色はとってもネイビーで

よきお色。そして、スーパー学ラン?というパンツに華やかな

模様が施されているものをお召しになっていました。

 

「どうする?」

あっ、ピースで・・・お願いします(ああー、そう佇まれると

パンツの右側が見えない~;;残念。般若、虎・・・良き)【撮る】

「ん?次は・・・??」

あっ・・・ハートで。【撮る】

(※スタッフさんが黄緑さんと紺色さんを交互に撮っているので

カメラが手元に返ってきた)

 

あ、あのね。これ・・・お揃いで作ったの。

(と、ローソンの1番くじの紺色さんぬいぐるみに、

今日の衣装を着せたもの(自作)を見せる)

「えっ?うそ??これ、作ったの??これ・・・、

ローソンのあれだよね(とじーっとぬいを見る紺色さん)」

(わー、やっぱり「作る」にはすごく反応して下さる)

あっ、作ったのは・・・服だけだよ(と紺色さんの方に、ぬいを

向けるオタク)

「えっ、でもすごいよ。学ラン脱がせてってことだよね?

(にこにこ(と、触らないけど手を近付けてる紺色さん)」

ふふ、ありがとうございます。(あわよくば触ってもらおうと

試みるオタク)

「ふふ(ぬいにそーっと手を伸ばして触ってくださる紺色さん。

じーっとTシャツの部分を触ってる・・・五体投地)」

 

あ、今回・・・自分の役を演じられたと思うのだけど、何か、

普段と違うことってありましたか?

「うーん・・・あるかなぁ・・・、うん。ないかな、(にこにこ)」

そっかぁ、ありがとう。

「(にこにこ、ぽむっとハイタッチ)」

 

あー、もう少し上手に聞けば良かった;;本人が本人の役やる

ことなんて、ほぼ無いことなのに。このマダオ!と反省。

 

 

 

以下、映画を観て。