読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

以蔵さま feat.東急ハンズANNEX 2部 紺

いつも、華やかな彼らの時間を社蓄に切り取っていただけることに

ありがたみしかないのだけれど、舞台で演じた役が飛び出してくるって

それ何て二次元?と思うわけで。しかも、紺色さんにとっても、とても

大事にしている役。良きですね。

御髪は当時と違って、以蔵様でなくて、以蔵様の衣装を身に纏った紺色さん

なのですけど、時を経た以蔵様・・・うーん、O.S(オーバーソウル)って

感じが良きでした。

 

囁いてもらえる!というなんとも素敵シチュエーションだったんですが。

紺色さんですもの、プリンでなくて茶碗蒸しですよね。

耳元で「ヴォアアアアアー」とデスボイスを。風圧で揺れる我が髪。

並んでいる可愛らしいお嬢さん方は何を囁いてくれるんだろう、って

そりゃまあ可愛いお顔で待ってて、写真に納めてもらおうと思うわけですよ。

そこを、「ヴォアアアアー」ときて、エッ!?ってなった瞬間を撮られる

訳で。エッ!?ってなる瞬間のあと、紺色さんもニヤってするんですよ。

こういうところ、本当に良きです。

 

「ふふ、どうする?」

あの、(囁くジェスチャーする私)これ?

「うん、じゃあ、横向いて?」

「ヴォアアアアアー」(知ってるけど風圧すご笑)【撮る】

「(苦笑する私を見てニヤッと笑う紺色さん)」

 

(風圧イズ何。ああ、もう・・・だめかも)わあああ、あの、本当に

以蔵さんが目の前にいるー。あああ、本当に、ありがとうございます。

「え、ふふ・・・そう?(頷く私を見ながらふふっと笑ってる)うん、

ありがとう」

あー、(ああ、ほんと二次元から飛び出てきたみたい)あの(とんだ)

あ、れ、実践できると思ったお化けの倒し方って何ですか?

(※補足:雑誌でお化けを「大得意」とする紺色さん。映画とかみると

除霊法が実践向きかどうか気にしつつ見るようです)

「え、お化け?(そんなこと言ったっけ?な感じで私を見る)」

あの・・・(あーもう、全部とんだ;;)雑誌で、言ってたと、思うんですが

「う、んん・・・?お化け? おばけだよね・・・?うーん?(といいつつ

すごく思い出そうとしてくれる紺色さん)」<はがし

あの、あれなら・・・退治できるって方法?・・・方法みたいな。<はがし

「あっ、あー(分かったみたいににこにこする)あれね、分かった(にこ)」

「あれ、スーパーナチュラル!!海外ドラマのやつ」

わ、(拾ってくれた~~)そうなの?<はがし

「あれのドラマで・・・・やるやつなら、(キリッ)いけると思う(にこにこ)」

ふふ、ありがとうございます<はがし

 

ああ、あの、本当に申し訳ないのですけど・・・納刀。

ほんのちょっとでもいいので、あの・・・見せていただけないですか?

「ふふ(とニヤッと笑った後、ちゃっと5cm位刀を抜いて、じっと

みてくれる)」

(うーわー、でせお叶えてくれてる、とニコニコする私)

「(私をみてにこにこっとしたあと、もう10cm位刀を抜いて、

そこから、目つきがぐっと変わる。以蔵様みたいに切れ味すごい感じ。

すたんっとその後、納刀して一瞬、静止する。

そのあと私をみながらにこにこ)」

ああ、あの・・・もう、本当に、うん、ありがとう。

「ふふ、またね(にこにこしたあと、ハイタッチの手で待ってる

→ぽむっとハイタッチ)」

 

もうね、社蓄会社であった嫌なこと全部吹っ飛びましたよ。