読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

バケーション前にサンバッちゃう? feat.ホールツアー岐阜 長良川国際会議場 紺

お友達のご厚意により、岐阜に行ってきました~~。

その前に、市場ででせお溢れる品を買い、すがきやラーメンデート。

いと、良きこと。

ライブは躍動感あり、終始必死に喰らいつくという感じでしたが、

本当に、この場に立ち会えたのが幸せだったという位、

良かった、ほんとうに良かった~~~;;

 

武装学ランかなぁと思っていたら、まさかのバケーションで

サンバっちゃうな衣装でさすが、ふぉーぬん!!と

納得してしまったのまき。

御髪が伸びられた紺色さんのところへいってきましたよっと。

 

「(あ、来たなぁ~という感じで目をちょっと大きくする)

ポーズは??」

(近い、近いオブ近い~)アッ、うーん、マル秘で。

「うん、(と腕を後ろに回す)」

(ええ、何か・・・体温感じますけどぉぉぉ、持て、私の動悸)

<じゃあ、靴がみえるように縦でですね

(ひええ、言ったけど公言しないで・・・、はずかしい;;)

「(足を組み替えて靴が見えるようにしてくれる紺色さん)」【撮る】

「ふふ、次は?」

アッ、うーん・・・どうしよ、うん、ハートで

<じゃあ、次は横ですね【撮る】

 

(脚が黒い・・・大分焼けられたなぁ。あ、御髪もほんと伸びられた)

あ、おぐ・・・、髪が大分伸びられましたね。

「ふふ(にこにこ)、そうだねぇ~、大分伸びた」

これって、源氏物語の・・・あ、舞台の役作りのため、ですか?

「うーん、ふふ(にこにこしながら手を口にあてる)」

ひょっとして、あの・・・結い上げて下さったりするの?

「(にこにこ)いやぁー、うん、そこまでは・・・いかないかな。」

(それまでに切るって事なのかなぁ?)

 

あと、今日正座されている時、すごく姿勢がきれいだなって。

「(ちょっと目を大きくされたあと、にこにこ)うん?そう・・・?」

ふふ、そうです。あの、来週お坊さんのところで喝、入れて

もらうんですけど・・・

「ん?どういうこと?」

あ、(パシンっとたたくジェスチャーをする私)こういうの・・・。

「(あー、分かったみたいに頷く紺色さん)え、そうなの?」

ふふ、はい。なので、足がしびれないコツって何かありますか?

「ふふ、うーん(手を足に見立てて親指同士を重ねる(右が上))

こうやって、足を組んで座るようにする、かな(にこにこ)」

(うわー、そうやってやってたんだ。良き)ふふ、ありがとう。

「(実際、足でも実際正座で足を組みかえるみたいにやってくれる)

こういう風に組んでて(分かる?みたいにこっちを見る)途中で

足を組み替えたりする、かな(にこにこ)」

(ひええ、衣装の靴汚れるのに、優しみたっぷりだ)

ふふ、足組み替えてやってみますね。ありがとう。<はがし

 

「(お手振りしたあと、振る手がとまる)→(手を近付けてくれる)」

(エッ、紺色さんだよね・・・いいのかな。とおずおずと近付ける私)

「(ぽむっと重ねてくれたあと、にこにこ)」

 

もうね、何ていうんでしょう。五体投地マンなのでね・・・。

あの、ナウシカが、テトにほら、こわくない、こわくない、ねって

いうあのテンション。まごまごするのがおかしいのか、本人が

楽しんでいるのか分からないけれど、ふふって笑いながら話して

くれるところが、「あーー、宴もたけなわですがあぁあー」ドゥー

ってあれですよね。マイナスイオンいただいてます。