気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

我イズ? feat.サンシャイン栄 紺

もう、それなりに歳を重ねているので、一緒に撮るものの

自分はあくまでオプションパーツでしかない。にしてもね、

この日積んだ1回目の写真は酷すぎた笑

買い足して良いよ、という風潮に軽率に乗っかってきたのまき。

 

「(あれ?って顔で見る)」

(まぁ、そうだよね~~。)あの、もいっかい(にーのジェスチャー

これで、お願いします!

「ふふ(頷き)」【撮る】

 

あの、東京グールも実写化しちゃったじゃないですか。

えっと、ゆーひさんの中で、次、これ実写化くるなって思うもの、

教えてくれますか?

「んー、えーっとそれは、俺が演じてってこと?」

(あれ!?何、先まわりして聞いてくるよ)んー、(違うけれど)はい。

 「うーん、色々あるんだけど・・・実際やれそうなのは、ぐんじょう×××かな」

(んん?)ごめんなさい、ぐんじょう・・・なに?

「(ふっと笑ったあと、屈んでくれる)群青戦記(にこっ)」

(ん~~BEAMばっかり読んでる社畜には分からないぞ)えっと、何でやってる

(連載してる)ものなの?

「えっっ!??ヤンジャン・・・(何で知らないの?な口調)だよ」

あっ、そうなんだ~。ありがとう~。そんなに私(漫画)読んでないよ;;ごめんね

「(にこにこ)」

ふふ、面白そうなので、読んでみます。ありがとう~。

「(にこにこした後、お手振り)」

 

ほんと、そろそろヤンジャン読んで会いに行かないといけないかなと

思ってます。ゴールデンカムイは、ゴールデンカムイは読んでますかって

聞きたい、でせを。

勧められるがままに買うと、また本が増殖するので、満喫とかレンタルとか

して読もうかなぁって思ってる。

 

大体会話がワンパターンなので、何読んでる?何をそれだったら演じたい?

って聞くものだからついに先回りされたのと、エッ、YJだよってくだりが、

オタクでしょ、読んでるでしょって前提すぎる口調だったのと、会話でぽろっと

俺って言われたのがツボでした。私も敬語なので、紺色さんもほぼ敬語だし、

僕っていう常だったので、新鮮でしたよっと。