読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

頑張るって理由のひとつは君 feat.サンシャイン栄 紫

今回こんな感じで回ってきました。

紺→黄→紺→紫

紺色さん最後が良かったのだけど、長居もできそうになかったので。

何だか沢山話せて楽しかった。

話しやすさから行くと、紫さんはかなり上位。

元々優しみに溢れているのと、できることをこちらにリターンしようと

いうのが本当に強いんだろうなと思う。

 

「おーっ、きてくれたじゃん」

きたよ~~。つっちー、私、昇進したから祝って欲しいな。

「おーっ、じゃあ一緒に「にーっ」って言おうな。」

(なんだ、お祝い=一緒に言うなの(2回目))「「にーっ」」【撮る】

 

「えー、すごいじゃん。えらくなったってことやろ~」

うん、ありがとう!!

「つちだがこう、力になれてるってことでいい??(と体を私の目線まで

落としてくれつつ、じっと見る)」

(おおー、求めるね)ふふ、そうかもね。つっちーのおかげで、

ちょっと力抜くことも覚えたし。

「お、まじかー」

あっ、そうだ。拓さん、家にきたよ~~。

「おっ、ありがとな~」

あれね、つっちーのメダルがね。妖怪ウォッチにはまるんだよ。

めっちゃ笑った~~!!

「っはは(クシャ笑顔)うっそ!!まじで!!はは(超うけてる)」

そう、びっくりした~~。<はがし

(あー、やっぱりはがし早いな~)ありがとね。

 

「あっ、待って。頑張れるようにな(両手で両手をにぎられる)」

???(なにごと)

「にーってしよ」

ふふ、いいよ~。

「(めっちゃくちゃクシャ笑顔してくれる)にーっ。

つちだもパワーあげれるようにがんばるから、頑張れよ!!」

(おっ、漢み~)ふふ、ありがとう。頑張るね(って、後ろ

めっちゃ待ってるじゃん、いかんいかん)

 

(ぺこっと会釈して離れる私)

「あのなっ、ほんと来てくれてありがとう!!気を付けてな」

 

すごい真摯に対応してくれるし、良きっておもうのだけど。

紺色さんに向く、余裕の無さみたいのは出ないんだよなぁ。

でも、行くんだろうな。また。