気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

現場では今クリナップクリンレティだよ feat.東急ハンズANNEX 紺

ロマンスをおさむが歌ってくれて何が大歓喜って、私

ちょうど人生の折り返し地点位に某セクシーコマンドー

漫画が大好きで。挨拶といえばウォンチュウ!→クリナップ

クリンミセスでしたし、親御さんに宜しく!も大好きでした。

鈴木史朗アナウンサーがちょっとでも映ればテンションドラMAX

でした。というわけで、紺色さんにもお願いしたのまき。

 

「あっ、ええとポーズ!どうする?土、土?」

(なんか聞き方がふわふわしてる。それに暖色だと何だか

すごく新鮮)あっ、はい。土田ポーズで。

「(かまえてる紺色さん、すごく小五郎先生、です)」

(慌ててポーズを取る私、合ってるよう)【撮る】

 

(やっぱり暖色だとほんわりしてる~、良き)あ、あの・・・

衣装は、ゆーひさんが選ばれたのですか?

「あ、これ?これは・・・(ふふっと笑う)土田くんから、

これねって渡されたから」

わ、そうなのですか(紫さんぐっじょぶ!!)あの、・・ええと

暖色を着られてるイメージがあまりないので、あの、すごく、

良きです。

「ふふ、・・・うん、ありがとう」

 

あ、ゆーひさんは、マサルさん、知っていますか?

「ん?・・・マサルさん?」

あの、すごいよ、マサルさん・・・

「あ、漫画の・・・。うーん?・・・うん」

あの、お願いがあって、ウォンチュウって言ったら、同じように

返して欲しいんですけど、やって下さいますか?

「ウォン??・・・ん、何?」

(恥ずかしい~~聞き返されるとめちゃくちゃ恥ずかしい)

あ、あのウォンチュウ、です。

「(ふふ、と笑った後、頷いてくれる)」

(ああ~、もう、やけだよ笑)あ、じゃあ、いきますよっ

ウォンチュ!!

「(超ふふっと笑ったあと)ウォンチュウ!!ふふ」

(やった~でせお叶いけり)アッ、ありがとうございます!!

う、嬉しい~。ありがとう。

 

すごく、恥ずかしかったけれど知らないのにやってくれた

紺色さんと紫さんの優しさプライスレス。

なんでしらないんだよ~~と思っていたけれど、当時5歳と

7歳だったから、逆に知っていたら嫌かもに、落ち着いた笑。

そっかぁ~~、そうだよね~~と腑に落ちたし、黄さんに

聞かなくてよかった。