気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

スカイハイなお茄子が魔法をかけてきた feat.イオンモール木曽川 1部 紫

仏閣もなく観光地でもないところには足を運びませんが、

オタクになってからというもの、軽率に足を運んでおります。

軽率になれるかどうかは駅からの徒歩距離に比例する気がする。

 

BDイベントが決まり、何だか素敵な杖を具現化して下さるそうなので

コロッと紫のお茄子様に会いに行ってきたのまき。

前日まではゆとりで迷ってたのに、この薄情もの。

めちゃくちゃ楽しかった、そして、めちゃくちゃ楽しかった!!

 

(わぁ、やっぱり色白いし、北欧感ぱない)

わぁ、やっと、やっとつっちーのところ来れた(すごいキラキラしてる)

「おっ、うれしいじゃん(目線下げる)どっちにする?」

ピースで、あ、私つっちーのクシャ笑顔すごく好きなんだよ。【撮る】

あれ、動画になってる??あれ?

「んー、一個前も見てみたら?落ち着いて(にこっ)」

(至れりつくせりだな)アッ、ちゃんと撮れてた~。

 

「おー、よかったじゃん。土田のところきてくれてありがとな~」

ずっと来たかったんだよ~、嬉しい。ライブとかだと1人しか

行けないから。

「そっかそっか~、いつもは?」

いつもはゆーひさん笑

「そっか~。でも、今日は来てくれてありがとな」

うん、あ、でもね。つっちーのBDはお祝いしたいし申込みしたよ。

当たるように、たくみ魔法かけてくれる??

 

「もちろん、かけるのはいいけど・・・(目線に合うように腰を屈める)

そのときまで来ないんじゃなくて」

??

「今日またこのあときてくれても(声色変わる、低め)いいんだからね」

(ええー!!? キリッじゃないよ、何、何;;;)

エッ、、え・・・、あの、どうしよう(つられてる)

「ふふ(たくみ魔法のくるりんというジェスチャー)、また・・・

来てくださいねっ、(ウィンクばちーん)たくみ魔法っ!」

(供給過多だよ、柚子はこんらんしている)

い、行きます(予定GUYだ)

「あ、クシャ笑顔はその時のお楽しみで!!」

 

絶対紺色さんでは無い対応に、社蓄は完全に混乱したのまき。

ゆるふわで、まったりした口調なのに、声色変えてくるあたり

末恐ろしいお茄子様である。