読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

熱血先生の担当教科は・・・ ホワイト☆タイツ 2部 紺+米

米(カキツバタ)

U-streamで紫さんと紺色さんがあまりにも魅惑的なことを話すものだから

軽率にチケット取っちゃった。チケットとっちっまった。

観劇後、やっぱり全公演観にいけばよかったと頭を抱えましたよ私。

舞台の内容と感想については、別記事であげたいなと思います。

研究生すごい、沼広がるよほんと。

 

カメラで撮れるというものだから、紺色さんだけでなく

研究生のおこめくんにも行ってきたよ、軽率に。若いよ、周り。

でも悔い無し。

 

紺色さんから↓

 

今日は役柄上、髪の毛がぴっちり固まっている。

眉もがっつり見える。よい眉。良きこと。

 

今日は先生の役でしたけど、何の教科を教えたいなって思いますか?

(そもそも何の先生なの?格好的に体育?)

「え、うーん??この役でってこと。」

(そうじゃないけど、まぁいいや)はい、この役でなら。

「うーん、えっとねー、・・・家庭科!!(どやっ)」

(ま、また意外なとこきた。教科でも無いし体育でもない笑)

えっ!!?・・・家庭科・・・?意外です(意外すぎる)

「うん?そう?」

(イメージが湧かない・・・。)

 

あ、あとですね。今度陶芸をやりに行くんですけど・・・なんだろう、

邪念を無くす方法ってありますか?

「え(笑)、何・・・(笑)、邪念??」

えーと、あの、ほら、無にならないとゆがんだり、しますよね。

「(あー!!と合点なお顔に変わる)うーん、【作ることを楽しむ】

こと、かなー」

楽しむ、かー。そうですね(いつも思うけど、観点的だな、良きこと。

ありがとうって言おっk)

「こう、何だろう、土を練ったり(と、こねこねするジェスチャー)、

こう、準備したり?(と何か道具?を持ってくるジェスチャー)、こう、

カタチをどうしよう、とか考えたり(と目線を右上に向けながら話してる)

とにかく、楽しむこと!!(にこにこ)」

(おー、何か役のきはちっつぁんぽいぞ。)ふふ、なるほど。ありがとう。

 

なんで家庭科なのかな、と考えるオタク(めんどう)

何だろう、研究生の子たちが紺色さんを慕うのは、きっと知識として持って

いることを伝えるのに真摯なんだろうな、と思う。質問漬けになる私だけれど

何だろう、答えを出すということに割と真摯だなぁと毎回思うので。

となると、あまりお勉強をしてこなかったと自分で仰っているので教科は

パス、絵も苦手な部類(と雑誌の記事でみた。私は細かく描こうとする

スタンスがめちゃくちゃ好きだけれど)リズムが取れないとなると、

家庭科が消去法で残るのかなと。めんどくさいね、オタクの思考笑

 

陶芸の話をすると、物を作ることにはまっていた時期に、教室とか

行ってたんですが、私、邪念じゃないんですけどね、心静かにってことは

あまり向かなくて。あまり続けずにやめちゃったんですが、仕事で今度

する機会ができちゃったので聞いてみました。

 

最初の楽しむこと!というので社蓄的には充分だったんですが、

何だろう・・・楽しむってことあまりないなぁ、最近っていうのが

きっと言葉に出たんだろうな、と思い返すと思います。

彼はこう、答えをだすと、どう?って感じで話題は終わるんですが、

(勿論、その「どう?」が好きなのです)見透かされたんじゃない

けれど、だからこうだと思うよって補足に五体投地

 

おこめくん↓

 

華やかなお顔立ちの子なので、すごく中身もイマドキの子なのかなと

思っていたのですが、すごくギャップがありました。あと声が意外と

高かった。はきはきっと話す感じ。良きこと。

彼は、歌う時、パフォーマンスする時ほんと楽しさを伝染させる感じに

長けてるというか、惹きつける人だなぁと舞台をみて思ったのですが、

そこが、演じる時の紺色さんに近いなぁと思ってます。

 

こんにちは、今日とっても素敵でした。

「うはっ、はいっ(にこにこ)ありがとうございます」

あの、大高のイオンで3月にイベントやっていた時に初めてお見かけして。

それから、ずっと来てみたかったので嬉しいです

「おおっ、嬉しいです!!(ほんわり笑う)」

あ、ブログの米ントとか、イ稲とか、あの、言葉選びめっちゃくちゃ

好きなんですよ~

「ああ~!!あの、変換の(にこっ)そうなんですか!

めちゃくちゃ嬉しい~(にこっ)まだまだ増えますよ(ほんわり)」

わ、楽しみにしていますね。あの、仕事で中々難しいんですけど、

稲、残しにいきますので笑

「おおっ(ほんわり)、待ってます(にこっ)!」

はがし>あ、あの、最後に、最後に一つ。あの、

はがし>ゆーひさんの好きなところ、教えて下さい

「(ぱああっとすごく笑顔)めちゃくちゃ!漢前!なところ!(びしっ)」

おおー、ありがとう!!

「ありがとうございます!また、待ってます!」

 

すごくほんわりしてて、癒された。何だろ、紺色さんが森林からでる

マイナスイオンだとしたら、寒い中暖かい紅茶を差し出される感じ。

 

手が包み込む感じで大きいなぁと思ったのと、握手時はずーっと

ぎゅーっと強すぎず、軽くも無くしてくれる感じが紳士だ。

答えを出してくれる感じが紺色さんと近そう。

また機会に恵まれたらいいな。