読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

組み分け帽子の判定は?  in Zepp nagoya Final 紺

4月になりましたね。私は日々モンハンに例えるなら村クエストで

生肉をおいしくさせたり、調合とはなんぞやであったり、武器

作ってみそ、という役割で新入社員とリリイベを行なっています。

マル秘ポーズは研修中寝ている子を優しく声をかけつつデスノート

記すことです、どうぞ。名前は2つあります。セイッ。

 

そんな中、心のオアシスとばかり、外部研修の日とファイナルの

日が被っていたので行ってきましたZeppツアーファイナル。

4月を迎え、転換期を迎えた彼らの意気込みが伝わる曲があったり

新曲が今までに無い感じで楽しかったり素敵でした。

新しい衣装も・・・またのお披露目が楽しみぃー(サワディ)

社蓄は初のスタンディングで参戦。スタンディングも楽しかった♥ 

 

紺色さんは御髪が更に伸びられて、良きこと。

ただ御髪の伸び具合と社蓄の緊張度合いは乗じて比例するので

心が持ちません。困った。

 

写真を確認しようとすると、そろそろーっと伸びてくる腕。

ごめんなさい、とお待ちいただくのが毎回申し訳無い極み。

 

あ、衣装が新しくなりましたが、えーっと、気に入っているところは

ありますか?(新しい衣装はインナーと学ランのパンツ部分に白い

刺繍がはいっているのですよ。インナーには白虎?お素敵♥ )

 

「んー。衣装・・・(おもむろに胸元に手をやり、ばーっと学ランの

胸元を広げてくださったあと、満面の笑み)」

(ひょえー、何々っと固まる私。)

「残念だけど、今は新しい衣装じゃないんですよ~(広げたまま

お話して下さる紺色さん)(にこにこ)」

うーん、そうですね。刺繍とか色々装飾が新しく入っていて

素敵だったので、気に入っているところとか、あるのかなーって

「(にこにこにこ、としながら胸元を元に戻す紺色さん)そうだねぇ

、ええと、あっ、次、あの衣装で撮った時のね、お楽しみということで、

ふふ」

ふふ、分かりました。楽しみにしています(にこにこが感染る私)

 

衣装!!このときすごく裏地もばーんと見せてくださっていて。

何か例えがめちゃくちゃに悪いんですけど、春に遭遇するコートのみの

方がばーんと見せてくださる感じな位、がっつんと見せて下さった。

タグも見れて何だか貴重なものをみれた気がすごくするのだけど。

社蓄的には、裏地と詰襟部分の生地の境目はここなのねとか、首元

と胸元の合わせの裏生地は違うんだとか(家紋なのだけど、大きさが

違う)襟元から胸元の合わせの部分の白い部分はすごくスパンコールが

びっしり刺繍されてるというのが思いっきり堪能でき五体投地

あと、合わせを戻される時に、すごくきっちり戻されてるの見て、

すごく琴線に触れたのでした。几帳面。

しかしながらすごくにこにこしながら見せて下さるので、

ひょえーっとなりましたの。

屈託無くなさらないで下さい。心臓が社蓄もちません。

 

あ、あとユニバでのライブ、決まって、あの、おめでとう。

「うん、ありがとう~」

進撃の巨人の、見たいっていわれてたので嬉しいですか?

「そうですね~(にこにこ)」

あ、えーっと、紺色さんはハリーポッターってみたことありますか?

「あ、ありますよ~」

(え、意外!!)や、そうなの~?

「1回映画も観にいったことある」

(お、おおー)わ、じゃあ、どの寮に入りたいって思いますか?

「ええっ、うーん・・・・・うーん、そうだなぁ~(苦笑)」

この時、ほんとうーんって考えながら笑っていられたのだけど、

何か、ほんとしょうがないなーって感じで笑ってられて、垣間見せて

くれてありがとうと五体投地するしかない。

「・・・うん」

わくわくしますよ。何だろう・・・。

「(ふわっと笑う)自分では決めない(どやっ)」

\そろそろ交代~/

 

(わー、残念;;聞けないか。でもその答えでも嬉しいな)

お手振りする紺色さん

「ん、あれ・・・帽子にね、きめてもらう!!かなー」

 

え?

え、待って。去り際だけどちゃんと続きも答えてくれたジャスティス。

割とゆるやかに答えて下さる紺色さんは、自分で切り上げて下さること

(自らお手振りする)が多いのですけど、前回も、今回も。

引き伸ばしてというと語弊があるけれど、自分の言葉で閉めて

下さったのが社蓄には、いとご褒美すぎる。

 

今日は最初の数秒以外は手がほぼ戻ってくることは無かったので、

気になっていただける話題だったら良かったのだけど。

 

ライブ中に、接触時に応援してとか、~してって良く言われるけど

とメンバーが仰られてた。聞きながら、そうだよね~パワーもらえる

もの、と納得するし、実際前日にごっそり落ち込んでいたので、

私も応援、紺色さんにしてほしいなって思わなくはなかった。

 

でもな~、あのふわっと笑われると、そういった自己を満たす気持ち

は早々に無くなってしまうのだよなというか、脳裏から消える。

後に、あ、そうだよ・・・元気付けて欲しかっだったとか、

思い返すけれど。もう少し、機転が利けるといいなと

思う常々。