読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

難航不落大阪ダンジョン in zepp namba 紺色さん+α

西の都に名古屋の11人組のパフォーマンスみたさに参戦してきたのまき。

バスで大阪駅までは慣れていたけれど、地下鉄!!

地下鉄への見積いとダンジョン。入り口にたどり着けないので

今後、道を聞かれたら優しくしようと心に決めました。

 

無事に駅に着いて、案内してくれるお嬢さん方に身を任せたところ

駅の券売機にチケット入ったファイルを置き忘れる始末。

(あってよかった;;そして、快く付き添ってくれた彼女に

きちんとお礼をしなければ)休日だと社畜のねじ何本かゆるむようで。

 

関東からの友人とも合流し、大阪めしを決め込み、いざ出陣。

たこ焼きって塩味美味しいのね。本場に感動。

 

そして、トリックオアトリート的にメッセージオアサイン的な

カード欲しさに積んだよわなびー。

結果、周りのご厚意により紺色さんになりました。五体投地

勿論ライブ後に会いたいのは紺色さん。

 

******

アンコールのニッシンゲッポーでエルヴィスプレスリーかな

出で立ちで登場された紺色さん。漢らしい胸元にはふえるわかめ

的に象徴がわさわさと。これで一緒に写真だったらどうしよう・・・

と悩む程度には、まだ気持ちが足りない私。精進します。

実際は普通に和学ランでした。素敵。

 

アンコールの髪型がJOJO四部の主人公みたいで、二次元み

溢れていたので、そのお話をしてくることに。

 

アンコールの髪型、仗助さんみたくて素敵でした。

「? 仗助さん ?」

あ、JOJOの4部の主人公みたいでした。

「あ、ほんと~。(うーんと想像する感じで見上げる)確かに、

学ランだったら完璧に仗助だったかも」

このあと、ちょっとにこにこというお顔でなくドヤァっと

ニヤリとされてたの、すごく五体投地

 

そうですね、似合っていました。あ、そういえば、大阪めしは

食べられました?

「うん、食べた~。たこやきと豚まん?」

あ、551の~

「そうそう、美味しかった~」

このふわふわ感、たまらなく癒し。

 

あ、あの・・・紺色さんにお願いがあるのですが。

「・・・(ん?という感じでみてくれる紺色さん)」

ニーチェ先生のニーチェさんがやっぱりすごく紺色さんっぽくて

キメ顔で「神は死んだ」って言ってくれますか?

「ん?キメ顔で・・・?どっちかというと無じゃないの」

(え、前お話した時は作品知らない感じだったのに、なんで

分かるの?え、そもそも言ってくれるフラグですか!!)

え、ええ、はい。

 

その後静止する紺色さん、ほんと写真で収めたかったんだけれど

きりっとした普段のお顔でなく、本当に無。

一応見せたらまずいのではっていうくらい無。

そんなお顔で「神は死んだ」って言ってくれた紺色さん。

ニーチェさんだよ、ほんと、生身のニーチェさん。

和学ランだけど、完全に某711の制服に見えてた。

そのあと、どう?という感じでふわっと見てくださる。

吹き出すマイナスイオン

 

もう、完全に動揺しかないよね・・・。

2次元が3次元化して感動したランキング山田氏抜いたよ。

(ちなみに1位は玉木宏の千秋先輩(不動)3位は山田孝之のMW)

生まれたての馬の如くあああああありがとうございますと

お伝えしてお別れ。

 

多分イメージしやすいかな、とキメ顔でとお願いしたのだけど、

いや、こうじゃない?と返してくれたのが台詞を言っていただいた

以上に嬉しかったのまき。ただただ五体投地でしかない。

同系統の坂本ですがの坂本君もね、やってほしいんですけど・・・

高1の役は申し訳ないかなと。

 

***********

そして戻ってきましたよ大阪ダンジョン。

どうしよう、地上に出れない、どうしよう・・・。

そんな時、電気屋さんの入口付近で浄水器売ってるお兄さんが

ティッシュとお水を与えてくれるのまき。

 

名古屋から来たし買えないよと前置きした上で

お兄さんと接触ふぁいっ。

 

ボイのメンに反応してくれて、きしだんが踊る感じですか?と

新しい表現を下さる。面白い。

ショップの袋を持っていたのにもすばやく反応。流石営業さん。

お兄さん的には緑さんが気になるようで・・・。

私の周りの男性人は軒並み緑さんが気になるようです。

大阪で番組とか無いんですか?と聞かれたので、近々進出してきたら

おおっと思ってください!と返す私。

仕事のこととか色々聞かれたので、社畜ポイントを話しつつ、

昨日の仕事内容聞かれたので配線組んでLANケーブル作ってたっていったら

事務の上にそんなスキルもあるんですかとえらく感動され、マジ転職勧誘

されたのまき、ボイのメンに会いに行くの遠くなっちゃうんで丁重にお断り。

悔しがるお兄さん。あああ、名古屋で出会いたかった。

寒いんでとティッシュを沢山恵んでくださり、ダンジョンの出口まで

お送りくださった。癒しオブ癒し。

私も名古屋銘菓押し付けた。異地域コミュニケーション。

 

その後、目的地までの第二入口までたどり着かず今度は

アーケード街の寿司屋のマダムに道を尋ねる私。

仕事終わりのマダムが入口まで連れて行ってくれたので

また、身の上経緯を話す私。マダムは黄色さんがかわいいと

言っておられた。こちらは名古屋銘菓と飴ちゃんを等価交換。

 

その後終バスに乗り、シャッターの開いていない駅を初めて

体験した。コンビニってただただありがたいのまき。

そのまま出勤したところ、オテンバすぎるので歳考えろと

相方氏に怒られたのまき。

お土産を買っていかなかったのが敗因だと思ってる。