気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

紺色さんとコントしてきた feat.ポートメッセ名古屋 2部

「私のターン、ドロー!!マジックカード、邪気眼を発動。

鞄から社蓄が作った邪気眼を装着し、1部のコントを捨てる・・・。

来いっっ!!! 推しの神対応

やってませんよ、実際は笑 気持ちはこんな感じでしたけども。

 

2部の設定は「診察」です。白衣です。黒い闇医者感しか

しませんけども。白衣、白衣!!

ファイッッッ!!!

 

(正面を向いてオフィス椅子に座っている紺色さん。

私が来たのが分かると、自分の椅子をくるーりと私の方へ向ける)

 

お願いします(と椅子にかける私)

「今日は、どこが悪いですか~(とボードを持って私を見る)」

(包帯をした手を抑えながら)あっ、あの、最近・・・手が疼いて、

静まってくれないんです(と震える手をもう一つの手でおさえる)

見てくださいますか?(と手の邪気眼をみせる)」

「えっ(手見た後、めちゃくちゃにこにこする)うーん、これは

ですねー、すぐに治さない方がいいんじゃないかな?(めちゃくちゃ

手の甲の邪気眼を見てる)」

あらー、先生は治してくださらないんですか。

「うーん(にこにこ)治したいのはねー、やまやまなんだけど。」

ふふ、はい。

「これはすぐに治さない方が人類のためにいいと思う(ドヤッ)」

>『はーい。写真撮ります』【撮る】

えっ笑

「これは、その貴重なものだから

>『はーい、次の方始まるんで移動してください~』

(立とうとする社蓄)

「今はね、まだ治すべきじゃない。うん(にこにこ)そう、

>『そろそろ~(無言の圧)』

(私が話している訳じゃない雰囲気をオーラで出す社蓄)

「(気付いてないままにこにこ話している紺色さん)人類の未来の

ためにも、もう少しこのままにしておいて、ね(にこにこ)」

ふふ、分かりました。ご診断ありがとうございます。

「ふふ、またね」

 

邪気眼仕込んでいって本当に良かった。

めちゃくちゃ楽しかったです。

ただ、三歳越えた社蓄は心に色々火傷を負いましたよ。

実年齢の時にもやったことないのに。ただ、その時のお友達が

邪気眼+霊能力の持ち主だったので、そのことを思い出しつつ

やりました。お粗末!

 

紺色さんとコントしてきた feat.ポートメッセ名古屋 1部

新年会の二次会を断った際、怪訝な顔をされました。

こんにちは、新年明けまして紺色さんのところに初めて行く

のは、コントをしに行くと、頭抱え案件です。

 

1発目は「部活」です。

部活って行ったのに、何だかミリ服着て銃持ってますけどォォォ。

復讐したい?解放せよ、贅欲、憎悪 Crazy

 ファイッッッ!!!

 

(銃をいじりながら待っている紺色さん)

紺色さんは、えーと・・・(格好いいなぁ)何部なんですか~?

「ふふ、これ?うーん(にこにこ)何部だと思う?」

うーん、何でしょう・・・あ、サバゲー部?

「そう(にこにこ)」

わ、良かった~当たった!!

「ふふ。皆やっぱり見たら(と服装をつんつんする)分かるのかな~?」

ふふ、そうですね。あの・・・それは、ご自分のですか?

「んんー、これ?(にこにこ)そうだよ~」

(やってるのか?)

>『写真撮りまーす』

「(銃をこっちに構えてる)」【撮る】

「ぱすん(と空砲が鳴る)」

えっ、エッ・・・撃たれた?空気きた。

「(にこにこ)」

あ、これ(コント)って、何か仕込んできたほうが

いいですか?

「んー、うーん(にこにこ)どっちでもかな。

どっちでも大丈夫」

ふふ、分かりました。ありがとうございます。

 

お話するのが久々すぎて、どういう風に話してたのか

分からなくて敬語は抜けてるし、焼きもの部じゃないし、

ミリ服というかブーツ最高だし、五体投地するしかない。

 

お写真どちゃくそ半眼で格好いい紺色さんじゃ全然無いんですけど、

逆に残しておきたくて、撮りなおしはお願いしませんでした。

(格好いい紺色さんも召還したかったんですけどね笑)

 

緩々オタクが土壇場で色々準備したはなし。

土曜日に、推しこと紺色さんとコントしてくるわけなんですが・・・

いい歳したオタクなので、衣装を何か用意するわけでもなく、ま、いっか

と思っていたのですが・・・、いたのですよ。昨日の緑さんワールドに

ふらりと行ったところ、準備してきた方が色々良さそうだよ!的な

言質をいただきまして。ああどうしようこれ、と頭を抱えたのでしたw

 

言質をいただいたのが水曜日の夜、コントは土曜日。

木曜日は地元位なら覗けるけど、ハンズなどで何かを買うのは、無理☆

金曜日は新年会、無理☆土曜日って当日やないかいwwと、積んだ

オタクでしたが色々あがいてみることにしました。

(※結果、めちゃくちゃ足掻いてよかったと思っております)

 

この、コントというのがお題目がそれぞれありまして、

(診察・ドライブ・こたつ・部活・事務局)説明もほぼ一文。

オタクの妄想力が試される次第となっておりました。

 

・事務局・・・スーツ。社蓄スタイルで行こう

・こたつ・・・半纏は着るようだけど、特になにもしないでいこう

・部活・・・焼きもの部(推しの高校時代の部活)?

・ドライブ・・・免許持ってないよね・・・。

・診察・・・

 

・・・診察!!これだ。これは準備していかないと。「邪気眼」!!!

もう少し時間があったらAZONEかボークス行ってグラスアイ仕込んで

行くつもりだったんですよ笑 資材もないし、困ったなぁと思ったの

ですが、諦める<邪気眼を仕込みたいDESEO だったので、作りました。

めちゃくちゃ簡単です・・・。

推しの写真の目の部分を拡大してトリミングして(拡大に耐え切れる

画素でないときついかと)色補正をかけ、瞳孔部分が欲しいので、

コンタクトレンズとかにある眼球の画像とうまいこと組み合わせて、

光沢紙で印刷。印刷したものをセロテープみたいな透明な幅広の

テープで2重に巻いただけ。

あとは、包帯を邪気眼がみえるように巻いただけです。

 

 

ほんと、全ての部で衣装を変えられたり準備しているオタクに

比べたらほんとしょもしょもなのだけれど、楽しかったです。

 

 

金になったで正解ですか? feat.サンキューライブ in Zepp Nagoya 紺

ライブに行けて良かった、と思う今年(おそらく)最後のライブ。

社畜は背が大きくはありませんが、運良く隙間に収まれてほぼドセンで

紺色さんを拝めました。

お友達と番号が近くて、見れたのも楽しさの乗算だった。

今年は、列に並んだり、待っていたり。あっ、とお互い気付いて言葉を交わして。

点だった自分が(フ・・・の)線の端に居れることが嬉しいです。

アルバムの新曲も披露して下さって良かった。アンチエイジング

 

「(どうする?というようにじーっと見る)」

あのー、これ(とピースを90度傾けるオタク)?何て言えばいいですか?

「(頷いてくれたあと、ピースの先端を私の方へくっつける)」【撮る】

「(身体の向きを変えて握手してじーっと見る)」

あ、あのー。ごめんなさい;;もう1枚あります。

「あ、ごめん。んー、どうする?」

(あ、そういえばまだこの学ランでハートを回収していない)ハートがいいです。

「ハート?はい。(と手を持ってくる)」【撮る】

来れました~。

「来れたねー」

ライブ、とっても楽しかったです。ありがとうございます!!

「良かった?ほんと??」

はい、とても。

「ふふ、ありがとうございます(にこにこ)」

あの、今年もあとちょっとで終わりますけど、1文字であらわすとしたら何ですか?

「(苦笑する)えっ、1文字で?」

はい、あの・・・毎年あるじゃないですか。ニュースとかで。

「んー(と目線を右上にして、手を顎に当てる)・・・「と」」

「と」ですか?

「うん、「と」(にこにこ)」

(え、何か連想する字が思いつかない)うん・・・?えっ。どの字ですか?漢字??

「え?(ニヤっと笑う)ひらがなの「と」」

ええー(ああ、紺色さんっぽいの来た)何で?

「ふふ、だって1文字って言ったから(にこにこ)」

(確かにねー漢字って言わなかったね)んんー、確かに。そうですね。

「(にこにこ)」<はがし

あっ、レコ大・・・頑張って、下さい!

「えっ、あ・・・うん(にこにこ)ありがとう!」

ふふ、1年とっても楽しかったです。ありがとうございます。良いお年を。

「(ふわぁーっと笑う)はい。ありがとう。良いお年を。

(ぽむっとハイタッチのあとぎゅっとシェイクハンズ)」

 

とっさに言えなかったけれど、あれって5年間「歩」んできたことが、

1位という結果とか、TVの露出だったり、自分の出身県へ久方ぶりに帰れたり、

やってきた仕事だったり・・・きっと色々悩んだり、考えたり、結果が出たり

出なかったりの中での「歩(紺色さん自身)」の駒が「と(金)」と

自分を(周りに対して)言えるって自信を持てるようになった年って意味じゃ

ないかなぁ、とめんどくさいオタクは思うわけで。

あ、あとペルソナ5やってるのかなぁ・・・。

きれいにいつも締められないオタクでしたが、きれいに締められました。

 

本当に会う時に並んでいて他のファミリーさんが話しているところとか

ぼーっと見てるんですが、皆さんなんで自然にぽんぽん会話ができるんだろう

って見てます。私は頑張ってみても、多分できないなぁと。隣の芝は青い。

 

やっぱり、興味があるんだなぁって話題だったり、何か紺色さんの中で

これは(彼の中で何かしらの印象だったり、伝えた!と実感する)何かしらのものが

あったものに対しての話題をこちらから振ることができたとき、すごく歯車が

カチって合うのがとてつもなく嬉しいし、楽しい。それが来年も出来たらいいな。

あ、あと1位とか取った時はちゃんと、おめでとうってその場で言いたいです。

(いつも何となく伝えそびれてしまうオタクです)おそまつ!

 

 

 

聞き忘れたから足した feat.アスナル金山 紺

雑誌とか整理しないと、と前日にスクラップしたりファイリングしたり

していたのですが紺色さんがClick clap!!で「カッコ良くイケメンレベルを

上げます!」って書いてらしたのを読み返して、あ、これ聞こう・・・って

思ったのですよ。ですが、聞きそびれたまま終えてしまったのと、18日の

おそらく今年の締めでこれはなぁ・・・と思ったので、足しました。

軽率ww一応きれいに締めたのに崩すのは社畜の常項です。

 

あの・・・、紺色さんのオススメはどれですか?

「俺(と首を傾げたあとにこにこする)・・・?これ!(と手を前に出す)」

ふふ。じゃあ、それがいいです。(オタクも手を前に出す)

「あー、ええと、そうじゃなくて。手をこう(と私に手の向きを変えて

欲しいようにする)」

?(つ、伝わらない)

「ふふ、待って。(私の手を変えるのを諦めたのか、紺色さんが手を

私の向きに合わせてくれる)はい。(ぎゅっと握る)」

あ、ありがとう。【撮る】

あの、紺色さん・・・今年、カッコ良くイケメンレベルをあげるって

仰ってたじゃないd

「(フハッと口元に手持って行って笑う)え?俺、そんなこと言ってた?」

え、はい。雑誌で・・・。なので

「(待たない)いやー、言ってないでしょ?」

や、ちゃんと書いてましたよ、ふふ。字で。

「書いてた?」

はい。

「((>_<)ほんとこんな感じで目をぎゅーっと閉じて笑ってる)」

今年もう終わりますけど、どうですか?

「えー(苦笑する)なんっだろうね・・・。一年経ったし(おへそから肩くらいまで

ぐいーっと手をあげる)これくらい、あがってるんじゃない?」

(あがってるのは自覚してるのかなぁ)なるほど~。ありがとうございます。

「・・・、俺、そんなこと言ってたかぁー(ワントーン声あがって裏返る)はずかしぃー」

(こういう口調になったりするんだ)そうですか?(話題変えよう)

あっ、えっと話変わるんですけど今度ガンダム展行くんです。

「えっ、ガンダム?(にこにこ)」

あの、この間・・・紺色さんも行かれたやつ?

「あ、テレピアの。行くんだ。」

はい。紺色さん的にはどこが、オススメですか?

「俺?ガンプラ!!(にこにこ)」

(えー、設定画とかじゃないのか~)え、意外です。(紺色さんはガンプラ)作るの?

「いや、もうできてる。飾ってある」

(私主語とか色々抜けてるわ)あ、なるほど~。紺色さんはガンプラ作ったり

しますか?

「あ、俺?今は作ってないけど・・・、昔は作ってた」

(えええ、ガンダム見てなかったけどガンプラは作ってたのか。何作ってたのか

聞きたいけどなぁ)わ、確かに。得意そう・・・。

「そうかな?」<はがし

「うん・・・またね(ぽむっとハイタッチ)」

いつのまにかカメラを熟知してた feat.アスナル金山 紺

私はCanonのカメラがとても好きです。

そもそも写真を撮ることが好きで、まだデジカメとフィルムカメラが半々位の

シェア率の頃に好きが高じて現像するバイトをしていて、留学のためにデジカメを

買った時もCanon、その後ずっとCanonのカメラを使って今は三代目

です。小さきものを撮る機会が多かったことから選んだ三代目のカメラ

ですが、画面確認はスマホみたいな感じで、シャッターがレンズ部分に

あるという、なんとも人に説明するのが面倒な仕様。

良く撮ってくださるスタッフさんには、もれなく「あ、でたな。この

カメラ!」「シャッターここですよね!覚えてますよ!」って言われます。

すみません。反面、初めて撮ってくださる方にはここです、と説明を

しています。前置き。

 

<ここです、とシャッターの位置を説明したもののスタッフさん、写真が撮れず>

あ、あの・・・お待たせしてしまって、すみません(と紺色さんに言うオタク)

「ふふ、うん。慣れた」

(あーーっっ、もうほんとごめんなさい土下座ァな勢いで)そうですよね;;

ほんとに、ごめんなさい。

「あ、(違う違うと手をひらひらする)そうじゃなくて・・・。うん、見慣れた(にこにこ)」

あ(優しみだ)、ありがとう・・・。<撮れない>

「あれさー、押すところ違うんじゃない?前だよね、シャッター?押すところ」

え・・・。あ、そうです(よく見てるなぁ)

<スタッフさんにシャッター押す位置を伝える>【撮る】

<すみません、ピントが合わないんです。とスタッフさんに言われる>

「あっ、ふわーって押してない?」

(すごいな、ほんとよく見てる)あっ、思いっきりぎゅーっと(シャッター)押して下さい。【撮る】

「大丈夫そう?」

はい。ありがとうございます。大丈夫です。

あの、紺色さん・・・、BMCAの動画で承太郎さんポーズ、最後にしてますよね?

「えっ??俺?やってた??承太郎??」

えっ・・・。はい。ズギュウウンってやってました、よー。

「えー(にこにこ)」

あ、あの・・・ダンスコンテストの動画で、最後に。

「あー、(あっちかぁという顔)こうやって?(とズギュウウンとやって下さる)やってた?」

(不意打ち、融ける)エッ、あ、わー。ありがとうございます!ふふ、やってました。

「(笑ってる)」

あの。明日・・・(番号が良くないから買えないかもとは言えないな)ギリギリで、

物販の時間に間に合わないかもしれないので。あ、ええと。あの、良いお年を。

「えっ?そうなの?でも、ライブは来てくれるんだよね」

あっ、はい。行きます。楽しみにしています、ふふ。

「ふふ、ありがとう。忙しいね」

(角砂糖投げつけてくるなぁ)あ・・・、え、はい。今日も持ち帰って仕事しなきゃ。

「お疲れ様です。頑張って!!(ぽむっとハイタッチ)」

 

カメラが覚えられていた。

 締めてきた feat.アスナル金山 紫

私服だと・・・と、胸の動悸を抑え、向かいましたよアスナル。

前2日間に枯らされた惨状が脳裏によぎり、枯れないで、頼む

と思っていたところ、全然枯れる気配もなく。

ありがとうございます、五体投地

紫さんは、ほんとキレイ目で癖の無く、そっとオシャンな

街に溶け込むお洋服を着て登場。お忍びの皇族みたいだった。

服に着られるわけでもなく、着こなしてらっしゃる。

褒めBotになるしかない笑

 

「おおっ、きてくれた。ありがとな」

つっちー、オススメは何ですか?

「えっ、俺?これ(とシェイクハンズの手をする)シェイク~」

ふふ。じゃあ、それで。

「おっしゃ、これなー!!」【撮る】

(しかし格好いいなぁ、着こなしといい)今年、すごい

有限実行だったつっちーに沢山パワーもらってました。

ありがとう(ぺこり)

「えっ・・・。うん、そう?」

うん、そうだよ。

「そうか、なー?」

そう!!

「おっ、うん。俺、そうできとったかな?」

できてたと思うよ。

「えっ、(ほわーっと笑う)うん。ありがとなっ・・・うん。

めっちゃ嬉しいわー。何?今年、最後(と覗き込む)?」

うん(つっちーはね)今年最後。締めです。

「そうかー。うん、来年も土田のところに来てくれる?」

うーん、どうかなぁ。

「・・・・(無言の圧)」

ふふ、いくよ。きっと。

「おー(よしって感じで笑う)来年も土田のところに

来てくれるように、頑張るからな」

ふふ、頑張って。あっ・・・でも、コントはいくよ。

「おっ、そう?」

はい、ドライブ!

「おっ、まじでぇー。待っとるわ。じゃあ、来年、な」

はい、良いお年を。

「またな(とバシバシっと手をタッチしてくる)ありがとな」

 

自分の目標を掲げて見える形で現してくれた紫さん。

華やかな舞台でのスキルで、というよりも裏側だったり、

見えない部分でのジェントルさを目にする機会が多く、

年下なんですけど、すごいなぁと尊敬してます。