読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気付いたら沼に居た

沼にはまりながら日々是好日

修道院でレンフィールドになるしかない

紺色さんはワイハでハワイにいらっしゃいますが、どうやら黄緑さんと

イルカと戯れたり、何だか南国色の艶やかなトップスをお召しになって

いたり、タイ行った時にかったと思われる帽子を被られていたり、それ

お召しになるシーズン来たのねってお洋服を着られていたり、満喫されて

いるようです。何というか、トンデモなお洋服着てても着こなされてるので

ハチクロの山崎さんじゃないかって思う私がいます。

そして、少しこんがりされているので、来週のワールドが楽しみです。

もふもふ頭でなくて良かった。熱こもるもの。

 

もう、ほぼ公開が終わってしまった吸血鬼との一夜*1ですが、舞台挨拶の日に、

観に行ってきました。(ほんとは安城と名古屋と回せたのでしょうけど、

個人的に映画の途中から入って他人を妨げるのはちょっと自分の中では

無しかなぁと思ったので)

 

観た感想としては、(多分)紺色さんがお持ちの厨二の心を十二分に

満たす作品だったんだろうなぁと思った次第。銃(ピストル)をぶっ

ぱなす、ライフルで敵を打ち崩していく、刀を一閃して敵を倒す、

怪しげな呪文をコトダマとして唱えた後(イメージはスレイヤーズ

近いのかなぁと思うww)敵を倒す、過去のトラウマで苦しむ、

(強い)自分より、より強い相手が現れ、打ち砕かれそうになる、

味方を死を覚悟しつつ逃がす、強大な敵と退治して壁に叩きつけられる、

死にフラグが立ちそうになる、首を絞められる・・・

オタクは、いずれ紺色さんが色々な作品に出た時に、ひとつずつでも

叶ったらいいなぁ、その度に願いごとひとつだけエテルノだからなと

思っていたのに気付いたら叶ってたっていう、何ともうつつまくら

手に入れたかみたいな映画でした(語彙力)

トーリー自体は見入った部分もあり、でも、映画という

時間を縛ったツールの中では、切り取るしかなかったのかなぁという部分も

あったり、あと、鮮やかさとモノクロと、適度なサブカル感とで何というか、instagramの写真を繋げたような感覚でみてました。

続きもあってもいいんじゃないかなぁというラストだったので、

続きと円盤化に期待。

 

そうしているうちに、お塩のキャラクターにもなられて、こちらは

なんともばぶーちゃんな笑顔を見せてくださっています。

振り幅インフィニティ。時代劇に紺色さんが出てくれたら良いのになぁ

と常々思っているオタクはまたでせおが叶ってしまいおののいています。

 

次は、陰陽師に狩衣着てなって下さったらどうしよう。

修道院建てるしかない。

*1:和訳はこれが一番しっくりする気がします

さわやかの国でストップウォッチとタイマン張ってきた話 feat.サンストリート浜北 紺+紫

フラリエを終えたオタクは、ハワイはワイハで紺色さんは暫くいないけれど、

しずおーか遠いし、6/2は紺色さん多分居るだろうし臨時収入*1もらったけど、

軽率良くない!!って思ってお留守番の民の予定でしたの。

リリイべが1回で2枚しか積めない上に、握手というのに記憶より記録で残したい

オタクはしょんもりしていたのですが・・・リリイベに、リリイべに紺色さんが居ない!

フラリエで若干カオナシに拍車がかかった接触*2となったので、良し、しずおーか、行こう!

とね軽率しましたよ。

しかし、この浜北・・・アクセスが中々厳しかった。しずおーかのバスって、浜松市野行った

時にも思ったのですが、ICカード使えずで現金なんですよね。おかげにバスも一時間に

一本。しずおーかに行く時はオタクどうかバス代調べて行って欲しい・・・(愚痴反転)

こんなこと言いたくないけれど、今回一緒のバスだったフ・・・

発車前までに両替はしないわ、後ろに列が出来てるのに避けないわ、注意書き読んでない

ことをやんわり言ってた運転手の悪口言うわでほんと最悪だったので。

5月のうまいもん祭から導入された握手ストップウォッチ制度。

推しが立っていて、そのつま先部分にテープ(推しのエリア)・・・①

そこから5cm離れたところにもう一つテープ(オタクが進めるエリア)・・・②

そこから40cm離れたところにもう一つテープ(オタクの最前待機エリア)・・・③

スタッフさんが「スタート」と言ったらオタクは自分がいた③から②へ移動する。

①にいる推しと握手して話す、スタッフの言葉で締切という感じ。

推しの前まで移動→話す→スタッフの言葉で交代っていうのが端的な流れ。

とりあえず、脚力は鍛えなくていいですww

 

紺色さんに関して言うと、オタクはどうぞって、両手を握手待機で差し出されて

ヒウェッって臓物掴まれて言うことが頭から吹っ飛びましたことを報告しておきます。

何なの無自覚になさらないでください。

あと、感想とかは言いたりないので、お手紙で言おうかなと思います。

 

紺色さん1部 1回目

「どうぞ?(っと両手を重ねて目の前に出される。お手をどうぞっていうよりは

パーティーとかで目上の方に挨拶するときに差し出す握手の感じ?)」

エッっ、アッ、ありがとう・・・。あ、あの。昨日ヴァンパイアナイト見てきました。

「え、ほんと?ありがとう。どっちで?」

あ、安城です。午前中の方。あ、映画みて

「うん(ぎゅーっと手握られる)」

あの、三次元なんですけど、すごく二次元感みがあるというか

「えっ?俺??ふふ、二次元なの?」

うーん、なんだろう。紺色さんがっていうか、世界観、うーん、映像自体が・・・

実写なんですけど、何かすごく・・・二次元みあって、不思議な感じで。

あの、時間作って・・・、また、観にいきます。(伝わらないなこれ笑)

「(多分伝わってない)ありがとう(ぎゅーっとハイタッチ)」

 

紺色さん1部 2回目

「どうぞ?(同じように手差し出してくれる)」

あっ、あのー。今度、明治村に謎解きしに行くのですよ、ふふ。

「おっ、謎解き。行くの?頑張って」

あの、なので小五郎さんっていうか、紺色さんにお願いがあって。

「??(んー?というように顔を右に傾ける)」

あのー、謎は全て?(君に任せようを期待するオタク)

「んんー??(にやっとしつつ、言ってくれない)」

君に??(お願いしますっと拝むオタク)

「ふふっ(めちゃくちゃ苦笑する紺色さん)」

(無理かーとしょげモードのオタク)

「ふふ、謎は全て・・・んー、怪盗が考えた?(どう?っとみる紺色さん)」

(求めてるのそれじゃない!と思うオタク)エッ、あっ、うん。そっか。

「またね(ぎゅーっとハイタッチされるオタク)」

 

これ、苦笑したあと紺色さんめっちゃくちゃんんーって(>_<)←考えるとき

こういう顔するんですが、しててめちゃくちゃバブーちゃんでしたの。

 

オタク学習しました。これは、○○という何かしらの答えを求めて行ったほうが

DESEOが満たされるんじゃないかと。考え込まない系で行こうかなと方向転換。

 

そして2部!!整番が私にしては良くて、前2列は着席状態での3列目。

紺色さんか紫さんがほぼドセン。よじじゅくごとかほんとね、腰落としてる時、オタクの

目線とお兄さんたちのお顔の位置が同一境界線すぎて。ひ、ひえええとなってたのです。

 

2部紫さん 1回目

 

御髪を切られて、すごくねいつもにも増して素敵になったと思うんですよ。

オタクは片眉が見えている今の髪型がとってもツボです。

 

「おっ、来てくれたじゃん。ありがとな」

ふふ、つっち今の髪型めちゃくちゃ素敵だね。片眉見えててすごく男気ある。

「おっ、まじで?嬉しいわー。男気ある?」

あるある。

「ってかさー、さっきさ、俺目の前におったのに全然俺の方みんかったじゃん」

えっ、やあー、うん。(や、私紫ペンライト振ってないからね、って釣られないから)

「俺めっちゃみとったんだけど?」

(やー、釣られないよ)やー、みとってくれたかもだけど、私は一番ゆーひさんがみたいから。

「ああー、まぁな。そうだよな。でも俺が目の前にいるんだったらそっちもみてよ」

ふふ、わかった。頑張ります。

「よし、オッケ!またな。ありがとな」

 

ほんと紫さんシカになったらいいよなぁって思うんだよなぁ。

私は、こう積み上げてできることを増やしていく紫さんのスタンスがすごく好きだし、

さりげ無さ過ぎて目に中々止まらないけど、気遣いとかねほんとさらっとやってて

尊敬する。

 

2部紺色さん 1回目

 

フラリエで回収しなかったおうまの話をしてきた。

 

「はい。どうぞ?(にやっと笑われつつ手出される)」

あっ、ありがとう。あの、フラリエで聞きそびれたことがあって。

「うん。」

紺色さんだったら馬に何て名前付けますか?

「えっ、馬?何で?」

あっ、フラリエで来てた衣装が馬に?乗ってそうだったから。

「ふふ。うーん。馬っ、ねー。轟天?」

ごう・・・てん?んん、なんで?

「えっ、ほら。GAROで乗ってるから。」

あ、あー。なるほど。(また、どうせ黒馬さんだろうな*3

「うん。(ぎゅーっとハイタッチされる)またね」

 

2部紫さん 2回目

「おっ、ありがとなー。なんでまたきてくれたの?」

やっ、さっき話そうと思ったこと言えんかったから?

「おっ、なにー?」

武道館のビデオ?

「んん?」

あ、違うDVD、DVDね観てた時に思ったんだけど、つっち声前より通るように

なったよね。言葉とかすごく聞き取りやすいっていうか。だからなにか

「えっ、おっ、まじでー?」

(言わせてくれ。)うん。耳に残りやすい。

「まじかー。嬉しいわー。良かったってこと(曖昧)」

そう。さっきこれ言いたかった、ふふ。

「おん、まじで。(屈まれる)めっちゃ。うん。ありがとう」

(ひええ、決まった王子だ)

 

2部紺色さん 2回目

 

「どうぞ?(と握手の手出される)」

(これ、ほんと落ち着かない。心臓持たない)あ、あの。

「うん」

安城で紺色さんにじゃんけんで勝てなかったので*4再戦したいのですが、して下さいますか?

「じゃんけん?んー。じゃあ」

「最初っっ」

(はグーと思ってグー出すオタク)

「から(っとめっちゃニヤっとしてパー出す紺色さん)」

えっ、えー。

「や、最初からでしょ(どやっとニヤニヤする)」

えー、うん。(ドヤっとしてるからいっか)はい。

「(口元に手持っていって笑う)ふふ、またね」

 

2部紺色さん 3回目

 

「あっ、どうぞ(手差し出される)」

最初っからじゃないじゃんけんで、もう1回じゃんけん、ふふ。

「えー(にやっとされる)」

お願いしますー。ダメですか?あのー、ほんと。

「(苦笑される)じゃ(と握手の手離される)いくよ。

さいっしょはグー、じゃんけん」

(紺色さんがチョキ、オタクはグー)

わ、勝った。ふふ。勝ちましたよ。

「(めっちゃ笑ってる)ね」

じゃあ、ラッキーアイテム、下さい。(貪欲なオタク)

「えっ、ラッキーアイテム?えっ」

なんでもいいですよ。

「う、んんー。うーん、赤い紐」

ふふ、ありがとうございます。オタク明日から10連勤なので。

「えっっ」

ねー、えーって私も言いたい。

「つらくない?ってか、つらっ(ぽんぽんっとハイタッチ)」

 

 2部紺色さん 4回目

 

「ふふ、どうぞ?(とまごまごするオタクに手を出される)」

あっ、ありがとう。あ、最後なので。

「うん」

あのー、3秒みてもらえたり、とか。あのですね、3秒だったら

多分頑張って見れると思うんですよ。

「ふふ、見れる?」

た、多分?

「じゃあ。はい。(じーっとみる紺色さん)」

(じーっと試みるオタク。やばい、髭蒼男爵になってるし、わー、御髪短くなったから

めっちゃ視界良好だし、わーやっぱりえっ、ほんと、無理(この間2秒もない)

あっ、待って。

「(目がふにゃっと笑ってくる、八重歯だけにーっと見える)」

あ、ちょっと、あっ無理。あ、待って。

「ふふ、ねー。2秒位から待ってって言ってたでしょ(口元手、持っていって笑う)」

やー、うん。やっぱり。無理。あ、あの、でも。ありがとう。

「ふふ、無理って?またね(ぎゅーっと二回ハイタッチ)」

 

オタクは語彙力を身につけたいです。

 

 

 

 

 

*1:スマホを機種変更したら樋口さん貰った

*2:コミュニケートが上手でないオタクは暫く行かないと、ほんと喋れなくなる

*3:と思ったら金色だったwww)

*4:舞台挨拶で紺色さんとじゃんけんすると映画のポスターがもらえた

庭園で王子様に拝謁賜りましたの 緑色王子 feat.久屋大通公園フラリエ 緑

最後にお邪魔した王子が緑色王子様。

終始ほんわりにこぉーっとして、ご機嫌でしたの。

代行でしたが、彼もあまりピン撮るのは好きでないようなので紫色さんと

同じ体で行くことにしました。

 

>ピンで両方頼む【撮る】

「ありがとー」

緑色くん、神々しくて・・・隣に行くの無理でした(本音)

「えー、ちょお、何でー?そんなことないっしょ」

や、そんなことあります。背高くてしゅっとしてるし、・・・隣は

無理です。

「っ、は(手たたいて笑う)やー、ないっしょ。今度は

一緒にとらんと」

うっ(自己評価あげてこ、ね)は、はい。ふふ。

「(ひゃっひゃっと彼独特の笑いで笑ってる)」

緑色くん、馬が今日は一段と似合うと思うのだけど、乗る馬に、

何て名前つけますか?

「うま?んーー、国王号?」

北斗の拳キター)えっ、白馬じゃないの?

「んー、じゃあー、エポナ!」

(どやっとされてるの紺色さんそっくり)わぁー、ふふ。

ありがとう。教えてくれて(ゼルダだぁー)

(にこぉーっと笑う)ありがとう。ばいばいっ(と水魚の交わり

庭園で王子様に拝謁賜りましたの 水色王子 feat.久屋大通公園フラリエ 青

握手だけ行ったことのあった水色王子様。

その時から、これは色々満たされるよなぁオタクと思っていたので、

あと、列がすご過ぎて行ったことなかったのですが、

代行で行ってきました。

やんきーのお兄さんたちのところに行くのも久方ぶり。

 

>ピンでピースたのむ【撮る】

(オタク、横に一礼して座った瞬間)

「ポーズどっちする(もうこの時点で握手されてる)、ね、

水水と*1とハートしよ、ね、ハート」

(オタク、勢いに気圧されてこくこく頷く)

「よし、オッケ、ハートね」【撮る】*2

 

水さんのところ、(写真は)初めてきました。

「えっ、ほんとー、水水初?ありがとうー。えー、めっちゃ嬉しい」

(頷くオタク)

「ねー、水水のこと好き?」

ふふ、はい。好きですー。

「一番に好き?」

えっ、ううん。一番ではないです。

「えっ、何で?水水、一番じゃないの?」

(勢いに負けるオタク)あっ・・・うん。一番になるように、

頑張ります*3

「よし、また水水のところに来るように指切りしよう(しようの

段階でもう指きりされてるオタク)」

「じゃ、約束ね」

 

何、このジェットコースターみたいなの。。。

オタク圧倒されてほぼ話せず終わったよ。

*1:水色さんのあだ名

*2:めちゃくちゃ近すぎてオタクは体退いてました

*3:オタクが何を頑張るのかは謎

庭園で王子様に拝謁賜りましたの 桃色王子 feat.久屋大通公園フラリエ 桃

初めて桃色さんのところに行ってきましたよ。

頭の回転がめちゃくちゃ早そうって実感しました。

目のキラキラ具合と眉の凛々しさイズギャップ。

アザッスザッス。

 

>ピンでハートで。【撮る】

「おん、ありがとうっっ!」

ありがとうございます、桃色君、初めて来ました。

「おおっ、アザッス!何でまた?」

・・・・(速さについていけてないオタク)

「まー、でも。今後とも着てもらわんとね。ドゥフフ*1

わ、えっ・・・あっ、ハイ。

「明日もイベントあるしな~。来てくれる?」

あっ、行きます*2

「おっ、アザッス。桃ちゃんまっとるで」

ふふ、はい。(だめだ、向こうのペースだ)あ、あの桃色くんに

聞きたくて。馬に何て名前つけます?

「ンッ、うーん、それは、ちゃんと考えんとあかんな。

次回までに考えとくわ」

(いつ行こうかなぁ、行けるかなぁ)ふふ、わかりました。

 

紺色さんに慣れてる身としては、言葉量の多さと、

ペース持っていかれるのであっという間でした。カオナシ

接触すぎる笑 桃色の女は強い。

 

*1:彼特有の笑い方、何て表記したらいいんでしょうね

*2:結局体力の無さで不参加だったうまいもん祭

庭園で王子様に拝謁賜りましたの 紫色王子 feat.久屋大通公園フラリエ 紫

紫色王子はお友達の代行でした。

ただ、前の方がピン*1で相当

本人から釣られていたので、撮りたかったけどごめんね、の体で

お邪魔しましたのまき。

 

>ピンでハートで(とスタッフさん)【撮る】

つっちー、カッコよすぎて(これは本当に)一緒に撮るの無理だった。

「えっ、なんでー(めちゃくちゃフハって笑う)いつもと変わらんやろ」

そんなことない、決まってる王子過ぎた。ふふ。

「っ、はは。おー、まじで?でも、今度は一緒に撮ろうな」

う、うんー。今度ね。

あ、今日のつっちーは馬乗ってそうだけど、何て名前つける?

王子っぽい馬に。

「え?俺?ホース!!(即答)」

ホース!!(そのまんまじゃん)

「って、そのまんまやないかいっっ(と王子衣装のパンツを思いっきり

ぱんっと叩く)」

えっ、ウケるー(と、つっちーがハイタッチの手を伸ばしてたので、

ハイタッチしながら言うオタク)ふふ、ありがとう。

「おー、またな(と王子スマイルで手を振る)」

 

10秒って頭使いますよね。ほんと。でも、握手でそういう風に

瞬発力鍛えていくとお笑いのスキルも研ぎ澄まされるんじゃないかな

ってすごく思ってる。

*1:一人で撮ってもらうこと

庭園で王子様に拝謁賜りましたの 紺色王子 feat.久屋大通公園フラリエ 紺

特典券は十分に用意していますというひとことを信じて、オタクが会場についたのは9時前。

庭園前の通路という通路が券を引き換えるオタクの列となっていました。すごい。

タイマー制になると、どうやったら会話をこう、コンスタントに引き出せるかっていう

会話力を鍛えるシカと思っているのですが、スチル開放するのに*1喜びを感じるオタクは、タイマーという時間の壁に負けないぞと思う次第。翌日のモリコロの様子を聞いていると何だか楽しそうです。

 

紺色さん、帽子被られててとても騎士様だった。

王子様というより、騎士様です。私の中では。

 

あっ、あっ・・・ちゃんと、帽子ある(感涙)*2

「ふふ、帽子(と、帽子を指差す)ねー、あるよー(にこにこ)」

ふふ、失礼します(と腰掛ける)

「ポーズ、どうしますか?(と、どやっと笑う。めちゃくちゃ王子)どうする?

(いつもみたいにふふっと笑う)」

(ふ、不意打ち)あっ・・・ピース、で。

「ふふ、ピースね」【撮る】

「次は、どうする?ハート?(ハートの手持ってくる)」

はい、ハートで、お願いします【撮る】

 

「ありがとう~(ぺこっとお辞儀される。帽子の羽がふわふわする)」

あ、あのー。帽子、見せていただいても。いいですか?

「帽子?ちょっと待って(とちゃんと向き合ったあと、少し頭を下げてくれる)」

わー。羽根。色が思ったより白くない(生成りですごくふわっふわ)

すごい・・・、ふふ。ありがとうございます。

「うん(と、屈んでくれてたのを元に戻す)」

あの、お揃いで、作ってみました*3

「えっ・・・、これ?えー。えっ、作ったの?(すごく帽子をみてくる紺色さん)」

えっっ、は、はい(じーっと見られると粗が分かるから恥ずかしい)

「えっ、すごい。ありがとう。・・・(じーっとみてる)」

「あー、そっか。やっぱり帽子この向きなんだ」

「いや、今日この帽子っ、ひさっしぶりにかぶってさぁー、向きどっちかすっごく

迷ったんだよねぇー。こっちかぁ(いつもの二倍くらいの速さで話して下さる)」

(ええ、口調くだけてるし、早口だしかわいいなぁ)ふふ、そうなんですか。

あの、見てもらえて私、とても嬉しいです。ありがとう。

「えっ・・・そう?ふふ、そんなに?(にこにこする)ありがとう」

(神々しい王子に、立ち上がって一礼)

「(見上げたあと、ぎゅーっとハイタッチ)」

 

作っていって良かった。。。五体投地しかできない・・・。

 

***********************

 

2部に回そうかなと思っていた券を、やっぱり紺色さんシカと、並んでいる間に

友人に託して交換してきてもらいました。並び直したけれど、長かった。

長丁場だったので、紺色さんもお疲れでした。

 

「どっちからにする?」

えっと・・・(めっちゃくちゃ二次元感ありすぎて語彙力を失うオタク)

「ピースにする?(ふわっと笑う)」

は、はい。(王子の笑みだ)【撮る】

「ハート、する?(同じく王子の笑み)」

(頷くだけしかできないオタクと化す)【撮る】

 

あの、ずっと聞きたくて・・・

「うん」

手のひらのマメって、殺陣でできたのですか?

「えっっ?マメ?(握手の手を離して、じーっと自分の手をみる紺色さん)」

あの・・・手の?ここにあったやつ(とオタクの手で位置を指差す)

「あっ、これかー(長野で見たときよりも薄くなってる。あざっぽい?)これは、マメじゃなくて

転んでできた傷(苦笑してる)」

えっ、そうなの?

「うん、海外の仕事してきたとき、転んだときにできたやつ(苦笑する)」

あっ、そうだったんですねー、殺陣、習われてるってお話されてたので、

そのときのかなって、なんだー(良かったと安堵した独り言が出るオタク)

「ふふ、なんだーって(笑う)」

あっ、あー、ごめんなさい。あっ、お大事にね(取り繕うオタク)

「ふふ、またね」

 

 

 

 

 

*1:推しの口から、テンプレでない言葉を引き出したい

*2:オタクは3日前のZeppまこらいで帽子かぶってくれますよね、と紺色さんに聞いてます

*3:同じ衣装をぬいに作って着せてきたのを見せる